HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥3,465
・一般価格 ¥4,950
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1457
■ページ数 57ページ
■発行日
2019/07/20
■タイトル インバータ駆動誘導電動機の新特性算定法と技術課題
■タイトル(英語) Technical problems and novel calculation method on inverter-fed induction motors
■著者名 インバータ駆動誘導電動機の特性評価に関する技術調査専門委員会
■著者名(英語) Committee of the technical research for the motor characteristics of inverter-fed induction motors
■価格 会員 ¥3,465 一般 ¥4,950
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【D】産業応用部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード インバータ、誘導電動機、高調波損失、特性算定法、直流試験法/Inverter, induction motor, harmonic losses, motor characteristics measurement method, DC decay test
■要約(日本語) 近年、電力半導体の高圧・大容量化が進み,また回路技術も大きく進歩し,かご形誘導電動機の可変速技術が大きく進歩している。10MWを超える可変速誘導電動機や商用周波数領域を大きく超える周波数で運転する超高速可変速誘導電動機など高度なシステムが増えており,これらのシステムを効率よく運用するためには,インバータが発生する高調波の影響を精度良く把握する必要がある。本技術報告では,インバータが発生する高調波が,損失(鉄損,銅損),軸電圧,コイル絶縁に及ぼす影響を調査した。高調波損失については時間高調波に注目し、モデル機を使って種々の入力波形に対して損失の分析を行い,インピーダンスマトリクスを用いて特徴を明確にした。運転中のインピーダンス推定は,直流試験法を用いることにより従来の拘束試験と比較して精度向上が図れることを示し,上記の高調波損失の特徴も加味して,インバータ駆動誘導電動機の新しい特性算定法を提案した。この特性算定法はインバータとの組合せ実負荷試験を必要とせずに精度良い特性算定を行えることから,特に大容量機に有効な試験法と考える。
■要約(英語) Recently, since the voltage and capacity of the power devise are increasing and the circuit technology is progressing, variable speed drive technology of induction motors also has been advancing. Especially, since the high technology system is increasing, as represented by variable speed drive induction motor over 10 MW or high speed induction motor driven by much higher frequency than the commercial one, it is necessary to make the influence of the harmonics generated by the inverter clear, in order to operate that system efficiently. In this technical report, influence of the harmonics generated by the inverter to the losses (iron loss and copper loss), shaft voltage and the coil insulation system are researched. About the harmonic losses, we focused on the time harmonic losses and analyzed the losses of the representative induction motor which is drive by the several types of input waveform. Also, we make the characteristics of the loss clear by using impedance matrix. We showed that the accuracy of the measurement of the operational impedance can be improved by applying the DC decay test, compared to the conventional locked rotor test and proposed the new characteristics estimation method, considering the characteristics that the time harmonics loss is not influenced by the load. Because the combined test with inverter and load machine is not required and the accurate motor characteristics is measured, this method is especially useful for the large variable speed drive systems, which expensive test facilities need to be prepared.
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 4,991Kバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.