HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥3,234
・一般価格 ¥4,620
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1464
■ページ数 103ページ
■発行日
2019/09/05
■タイトル 上下水道におけるエネルギー活用技術の現状と展望
■タイトル(英語) Current status and future prospects of technologies for effective energy utilization in water supply and sewage works
■著者名 上下水道におけるエネルギー活用技術調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee on technologies for effective energy utilization for water supply and sewage works
■価格 会員 ¥3,234 一般 ¥4,620
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【D】産業応用部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 上下水道,小水力発電,太陽光発電,消化ガス発電,費用便益比/water supply and sewerage, small hydraulic power generation, solar power generation, digestion gas power generation, cost-benefit ratio
■要約(日本語) 近年,地球温暖化が顕在化し低炭素社会の構築が強く求められる中,国内年間消費電力量の約1.5%を占める上下水道事業は,エネルギー活用技術のさらなる発展と拡大により循環型インフラシステムへの転換が期待されている。そこで本委員会では,上下水道業界におけるエネルギー有効活用の現状を調査するために,過去10年分の文献調査,国内上下水道事業体へのアンケート調査,17事業体へのヒヤリング調査を実施し,事業体が導入に至る過程,導入実態などの現状を取り纏めた。上水道ではインバータポンプ,小水力発電,太陽光発電,下水道では高効率ポンプ・ブロワ,太陽光発電,消化ガス発電,汚泥固形燃料化など,主要な技術についてはアンケート結果より費用便益比や経済性評価の分析も行い,導入に際して参考となるようデータを整理した。これらの結果より上水道,下水道それぞれ課題を抽出した上で,上下水道というインフラシステムでエネルギーの有効活用を進めていくためには,設備そのものの効率化,処理プロセスにおける余剰エネルギーの活用,施設の敷地面積利活用,の3つが大きな意味を持つことを提示している。またエネルギー活用技術の更なる拡大に向けて,導入効果の見える化,創エネに関する法規制の緩和,エネルギー活用技術の更なる情報共有,など合わせて5つの取組が必要であることを提言した。
■要約(英語) In recent years, global warming has become apparent, and the construction of a low carbon society is strongly demanded. The water supply and sewerage utilities, which accounts for about 1.5% of the national annual electricity consumption, is expected to be converted to a recycling infrastructure system by further development and expansion of energy utilization technology. Therefore, in order to investigate the current state of effective use of energy in water supply and sewerage facilities, this committee carries out a literature survey for the past 10 years, a questionnaire survey to water supply and sewerage utilities, and a hearing survey to 17 utilities. Based on this result, we organized the process of introducing these technologies and the operation status by the utilities. Using questionnaire results about major technologies, we analyzed the cost-benefit ratio and the economic evaluation and we organized the data to be helpful for the introduction. From these results, we suggest that there are three important points, such as efficiency improvement of the facilities themselves, to promote effective use of energy in water supply and sewerage systems. We also propose that in order to further expand energy utilization technologies, a total of five efforts are important, such as visualization of introduction effects.
■版 型 A4
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.