HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の論文誌(論文単位) > 文献詳細
*商品について
表紙はついていません(本文のみ中綴じ製本です)。
号単位でも購入できます。
すべてモノクロ印刷です。
Extended Summaryはついていません。

・会員価格 ¥550
・一般価格 ¥770
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No.
■ページ数 7ページ
■発行日
2019/09/01
■タイトル 起立から歩行にいたる一連の動作の位相面解析
■タイトル(英語) Phase Plane Analysis in a Series of Motions from Standing Up to Initiating Gait.
■著者名 鎌田 一平(大阪大学大学院基礎工学研究科),植村 充典(大阪大学大学院基礎工学研究科),平井 宏明(大阪大学大学院基礎工学研究科),宮崎 文夫(大阪大学大学院基礎工学研究科)
■著者名(英語) Ippei Kamada (Graduate School of Engineering Science., Osaka University), Mitsunori Uemura (Graduate School of Engineering Science., Osaka University), Hiroaki Hirai (Graduate School of Engineering Science., Osaka University), Fumio Miyazaki (Graduate School of Engineering Science., Osaka University)
■価格 会員 ¥550 一般 ¥770
■書籍種類 論文誌(論文単位)
■グループ名 【C】電子・情報・システム部門
■本誌 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.139 No.9 (2019) 特集:知能メカトロニクス分野と連携する知覚情報技術
■本誌掲載ページ 1020-1026ページ
■原稿種別 論文/日本語
■電子版へのリンク https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejeiss/139/9/139_1020/_article/-char/ja/
■キーワード 起立から歩行にいたる一連の動作,重心軌道,位相面,筋活動  standing up to initiating gait,center of mass trajectory,phase plane,muscle activity
■要約(日本語)
■要約(英語) In this study, the movement strategies of the sit-to-walk clarified from the phase plane trajectory of the body center of gravity based on posture stability and the equilibrium-point and stiffness analysis based on muscle synergy and equilibrium-point hypothesis. 10 healthy young subject performed sit-to-stand at slow, natural, and high speeds. In addition, subjects performed sit-to-stand-and-walk and sit-to-walk at a natural speed. Then, the mean value of the root mean square values was calculated for the equilibrium-point trajectory and stiffness, along with and the angle and angular velocity in the argument angle direction. Results revealed that the stiffness adjustment is more influenced by in the stability of the sit-to-walk than the equilibrium-point trajectory. Also, it is necessary to increase the stiffness in the argument angle direction compared to the sit-to-stand at slow. In the phase-plane trajectory, the angular velocity considerably influences the posture stability than compared with the angle. Some subjects performed sit-to-walk with applying a strategy similar to that applied for the sit-to-stand-and-walk mechanism. Thus, the sit-to-walk can be performed without increasing the stiffness in the argument angle direction.
■版 型 A4
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.