HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の論文誌(論文単位) > 文献詳細
*商品について
表紙はついていません(本文のみ中綴じ製本です)。
号単位でも購入できます。
すべてモノクロ印刷です。
Extended Summaryはついていません。

・会員価格 ¥550
・一般価格 ¥770
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No.
■ページ数 7ページ
■発行日
2019/11/01
■タイトル A Multi-Agent Model for Asocial Behavior in Freeway Traffic
■タイトル(英語) A Multi-Agent Model for Asocial Behavior in Freeway Traffic
■著者名 Aldrich Suratos (Doshisha University), Ivan Tanev (Doshisha University), Katsunori Shimohara (Doshisha University)
■著者名(英語) Aldrich Suratos (Doshisha University), Ivan Tanev (Doshisha University), Katsunori Shimohara (Doshisha University)
■価格 会員 ¥550 一般 ¥770
■書籍種類 論文誌(論文単位)
■グループ名 【C】電子・情報・システム部門
■本誌 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.139 No.11 (2019)特集T:国際会議ICESS 2018 特集U:電気関係学会関西連合大会
■本誌掲載ページ 1234-1240ページ
■原稿種別 論文/英語
■電子版へのリンク https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejeiss/139/11/139_1234/_article/-char/ja/
■キーワード multi-agent systems,vehicular traffic,traffic simulation,social systems
■要約(日本語)
■要約(英語) Slow traffic is a major environmental and economic problem, especially in crowded or developing cities. Often, slow traffic is blamed on “selfish” drivers that drive aggressively at the expense of others on the road. This research uses a multi-agent simulation to observe the effects of asocial behavior on a straight three-lane highway without bottlenecks or blockages. Results show that asocial behavior only benefits cars if they can move with instant reaction times, and has little to no benefit when even a 0.5s reaction time is introduced. Additionally, traffic jams were observed in the simulation, despite the lack of blockages on the road. These “phantom” jams persisted longer when cars had a longer reaction time.
■版 型 A4
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.