HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の論文誌(論文単位) > 文献詳細
*商品について
表紙はついていません(本文のみ中綴じ製本です)。
号単位でも購入できます。
すべてモノクロ印刷です。
Extended Summaryはついていません。

・会員価格 ¥550
・一般価格 ¥770
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No.
■ページ数 11ページ
■発行日
2019/12/01
■タイトル センサ情報信頼度マップを用いた複数センサ情報統合による自律移動ロボットの自己位置推定
■タイトル(英語) Localization of Autonomous Mobile Robot by Integration of Multiple Sensor Information based on Sensor Information Reliability Map
■著者名 道木 加絵(愛知工業大学),新矢 竜(愛知工業大学),大橋 臨(名古屋大学),舟洞 佑記(名古屋大学),道木 慎二(名古屋大学),鳥井 昭宏(愛知工業大学),元谷 卓(愛知工業大学)
■著者名(英語) Kae Doki (Aichi Institute of Technology), Ryu Shinya (Aichi Institute of Technology), Nozomu Ohashi (Nagoya University), Yuki Funabora (Nagoya University), Shinji Doki (Nagoya University), Akihiro Torii (Aichi Institute of Technology), Suguru Mototani (Aichi Institute of Technology)
■価格 会員 ¥550 一般 ¥770
■書籍種類 論文誌(論文単位)
■グループ名 【C】電子・情報・システム部門
■本誌 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.139 No.12 (2019) 特集:電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会
■本誌掲載ページ 1389-1399ページ
■原稿種別 論文/日本語
■電子版へのリンク https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejeiss/139/12/139_1389/_article/-char/ja/
■キーワード 自己位置推定,自律移動ロボット,センサフュージョン,センサ信頼度マップ,パーティクルフィルタ  localization,autonomous mobile robot,sensor fusion,sensor information credibility map,particle filter
■要約(日本語)
■要約(英語) We have proposed a localization method of an autonomous mobile robot using multiple sensor information in order to realize robust localization. This method is based on Particle Filter, and bias probability distributions are detected and eliminated before integration of probability distributions for localization. However, the calculation cost is enormous because it is proportional to the number of sensors and particles. In order to reduce the calculation cost for localization, we propose a new localization method using the reliability map of sensor information which is generated based on selection results of sensor information in the previous method in this paper. The usefulness of the proposed method is discussed with some experimental results with a real robot in various real environments.
■版 型 A4
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.