HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の論文誌(論文単位) > 文献詳細
*商品について
表紙はついていません(本文のみ中綴じ製本です)。
号単位でも購入できます。
すべてモノクロ印刷です。
Extended Summaryはついていません。

・会員価格 ¥550
・一般価格 ¥770
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No.
■ページ数 13ページ
■発行日
2020/08/01
■タイトル

次世代型路面電車交通と配電系統の統合モデルによる電化公共交通都市を目指した電力交通間の相互影響の評価

■タイトル(英語)

Evaluation of Mutual Effect between Power and Traffic Aiming Electrified Urban Transportation System Using Integrated Light Rail Transit and Distribution System Model

■著者名 小鯖 裕之(早稲田大学),小林 宏泰(早稲田大学),宮崎 輝(早稲田大学),飯野 穣(早稲田大学),近藤 圭一郎(早稲田大学),林 泰弘(早稲田大学),山本 良太(東京電力パワーグリッド(株)),長谷川 匡彦(東京電力パワーグリッド(株)),吉永 淳(東京電力パワーグリッド(株))
■著者名(英語) Hiroyuki Kosaba (Waseda University), Hiroyasu Kobayashi (Waseda University), Teru Miyazaki (Waseda University), Yutaka Iino (Waseda University), Keiichiro Kondo (Waseda University), Yasuhiro Hayashi (Waseda University), Ryota Yamamoto (TEPCO Power Grid, Incorporated), Masahiko Hasegawa (TEPCO Power Grid, Incorporated), Jun Yoshinaga (TEPCO Power Grid, Incorporated)
■価格 会員 ¥550 一般 ¥770
■書籍種類 論文誌(論文単位)
■グループ名 【C】電子・情報・システム部門
■本誌 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.140 No.8 (2020) 特集T:社会課題解決に向けた超スマート社会実現技術 特集U:国際会議ICESS 2019
■本誌掲載ページ 892-904ページ
■原稿種別 論文/日本語
■電子版へのリンク https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejeiss/140/8/140_892/_article/-char/ja/
■キーワード 配電系統,次世代型路面電車交通,電気自動車,スマートシティ,統合モデル,全体最適化  distribution system,light rail transit,electrical vehicle,smart city,integrated model,total optimization
■要約(日本語)
■要約(英語) Recently, the integrated bigdata platform between social components is paid attention toward realization of the super smart city and society. In this paper, multiplex and integrated optimization of power system and transportation system was focused aiming at energy saving, peak load suppression, power regeneration and contribution to connected power distribution network system. The method to develop an integrated model of Light Rail Transit (LRT) and distribution system (DS) was proposed to analyze mutual effect on each system caused by operation of LRT. As a use case, Utsunomiya city was focused on as a city which aimed transportation electrification toward low-carbon city. The integrated model was constructed assumed the Utsunomiya LRT which was under construction and the DS of Utsunomiya city. Using this model, some effects were evaluated on the DS operation by LRT introduction and EV penetration. The peak load suppression effects on power demand of LRT were also simulated using the developed model by coordinately controlling EV chargers and LRT.
■版 型 A4
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.