HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の論文誌(論文単位) > 文献詳細
*商品について
表紙はついていません(本文のみ中綴じ製本です)。
号単位でも購入できます。
すべてモノクロ印刷です。
Extended Summaryはついていません。

・会員価格 ¥550
・一般価格 ¥770
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No.
■ページ数 11ページ
■発行日
2020/08/01
■タイトル

出力抑制指令への対応を可能とする蓄電池併設型太陽光発電システムにおける分散型出力抑制制御の実機検証

■タイトル(英語)

Experimental Verification of Decentralized Control Approach to Power Curtailment Instruction Problem for PV Generation Plants with Storage

■著者名 阿久津 彗(長岡技術科学大学 大学院 工学研究科),平田 研二(富山大学 学術研究部 工学系/独立行政法人 科学技術振興機構,CREST),大堀 彰大((株)ダイヘン/独立行政法人 科学技術振興機構,CREST),服部 将之((株)ダイヘン/独立行政法人 科学技術振興機構,CREST),太田 快人(京都大学 大学院 情報学研究科/独立行政法人 科学技術振興機構,CREST)
■著者名(英語) Hikaru Akutsu (Graduate School of Engineering,Nagaoka University of Technology), Kenji Hirata (Faculty of Engineering, University of Toyama/Japan Science and Technology Agency, CREST), Akihiro Ohori (DAIHEN Corporation/Japan Science and Technology Agency, CREST), Nobuyuki Hattori (DAIHEN Corporation/Japan Science and Technology Agency, CREST), Yoshito Ohta (Graduate School of Informatics, Kyoto University/Japan Science and Technology Agency, CREST)
■価格 会員 ¥550 一般 ¥770
■書籍種類 論文誌(論文単位)
■グループ名 【C】電子・情報・システム部門
■本誌 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.140 No.8 (2020) 特集T:社会課題解決に向けた超スマート社会実現技術 特集U:国際会議ICESS 2019
■本誌掲載ページ 990-1000ページ
■原稿種別 論文/日本語
■電子版へのリンク https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejeiss/140/8/140_990/_article/-char/ja/
■キーワード 太陽光発電システム,出力抑制,分散制御,リアルタイムプライシング  PV generation plant,output power curtailment,decentralized control,real-time pricing
■要約(日本語)
■要約(英語) PV (photovoltaic) generation has experienced the most growth among the renewable energy sources in the last several years, and the interconnection capacity of PV generations may continue to increase. However, more recently special problem in Japan, the capacity of qualified PV generation facilities exceeds the allowable interconnection capacity determined by each power grid company. This fact is recognized as a critical issue for reliable operations of power grids, and it will be enforced by law that the power grid company can announce the output power curtailment instruction signal to the PV generation plants. An output power curtailment essentially means wasting potential solar energy. Operating methodologies for the PV generation plant that can reduce the amount of wasted energy are needed to be developed. This paper considers the PV generation plant equipped with the energy storage and investigates decentralized management of power conditioning systems which are used to interconnect the PV and storage system into the grid. The effectiveness of the proposed methodology is evaluated through the real physical experiments.
■版 型 A4
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.