HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の部門大会 > 文献詳細

・会員価格 ¥220
・一般価格 ¥440
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 13-A-a1-6
■ページ数 1ページ
■発行日
2022/08/30
■タイトル

【招待講演】インバータによるモータの省エネルギー運転を支える電気絶縁技術の現状

■タイトル(英語)

■著者名 菊池 祐介(兵庫県立大学), 梅本 貴弘(三菱電機), 脇本 亨(SOKEN), 熊田 亜紀子(東京大学)
■著者名(英語)
■価格 会員 ¥220 一般 ¥440
■書籍種類 部門大会
■グループ名 【A】令和4年電気学会基礎・材料・共通部門大会
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード インバータサージ|部分放電|電気絶縁|電動化
■要約(日本語) 国内の電力消費の約50%がモータを通して消費されているといわれており,インバータを用いてモータの消費電力を減らすことは省エネ,地球温暖化防止,カーボンニュートラルに大きく貢献する。インバータによるモータ運転の課題の一つとして,インバータからのパルス電圧が,ケーブルを介しモータとインバータ両端で反射を繰り返すことなどにより,モータ端子に過電圧が発生する現象(インバータサージ)がある。電気学会では,2018年12月から2021年11月の3年間,「適用拡大が進むインバータ駆動回転機の絶縁の現状」調査専門委員会を実施した。本講演では,その活動の様子を中心に,今後の展望も含めて紹介する。
■要約(英語)
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 332Kバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.