HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の部門大会 > 文献詳細

・会員価格 ¥220
・一般価格 ¥440
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 13-A-p1-2
■ページ数 1ページ
■発行日
2022/08/30
■タイトル

【招待講演】磁気回転効果を用いたスピン輸送

■タイトル(英語)

■著者名 松尾 衛(中国科学院大学)
■著者名(英語)
■価格 会員 ¥220 一般 ¥440
■書籍種類 部門大会
■グループ名 【A】令和4年電気学会基礎・材料・共通部門大会
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード スピン流|磁気回転効果|スピントロニクス
■要約(日本語) 磁気回転効果はスピン角運動量と巨視的回転運動の相互変換現象である。これは量子論成立以前の20世紀初頭にバーネット、アインシュタイン、ド・ハースらによって発見され、磁性の起源が古典電磁気学では原理的に説明不可能な電子の内在的角運動量によることが示された。磁気回転効果は磁性体、非磁性体はもとより、冷却原子気体、核スピン系、クォーク・ハドロン多体系など様々な系で普遍的に発現する。本講演ではこの普遍的に発現する磁気回転効果を用いることによって、従来利用されてこなかった液体金属や銅のようなスピン軌道相互作用が小さい物質を用いた電子スピン輸送が可能であることを理論と実験の両面から紹介する。
■要約(英語)
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 313Kバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.