HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の部門大会 > 文献詳細

・会員価格 ¥220
・一般価格 ¥440
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 13-A-p1-8
■ページ数 1ページ
■発行日
2022/08/30
■タイトル

【招待講演】還元拡散法を用いたSm-Fe-N系コアシェル粉末の作製とその磁気特性

■タイトル(英語)

■著者名 松浦 昌志(東北大学), 松田 瑠香(東北大学(現:村田製作所)), 石川 尚(住友金属鉱山), 米山 幸伸(住友金属鉱山), 杉本 諭(東北大学)
■著者名(英語)
■価格 会員 ¥220 一般 ¥440
■書籍種類 部門大会
■グループ名 【A】令和4年電気学会基礎・材料・共通部門大会
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード Sm-Fe-N系粉末|保磁力|還元拡散法|耐熱性
■要約(日本語) Sm-Fe-N系粉末は高飽和磁化と高い磁気異方性を有することから、ボンド磁石用粉末として実用化されている。しかしながら、同粉末は耐熱性に課題があった。著者らのグループでは、Sm2Fe17粉末に対し還元拡散法を用いることでSm2Fe17粉末表面にのみMnやCr, Smを濃化させたコアシェル構造を実現した。さらに、窒化処理ならびに洗浄することで、Sm-Fe-N系コアシェル粉末を得た。これらコアシェル構造Sm-Fe-N系粉末は、従来の粉末に比べて耐熱試験後の保磁力減少率が小さく、耐熱性の向上が示された。そこで本講演では、Sm-Fe-N系コアシェル粉末の作製プロセスと磁気特性の関連を中心に、一連の研究成果を報告する。
■要約(英語)
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 351Kバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.