HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の部門大会 > 文献詳細

・会員価格 ¥220
・一般価格 ¥440
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 13-B-a2-1
■ページ数 1ページ
■発行日
2022/08/30
■タイトル

型巻コイルの繰り返しインパルス電圧下における 電界緩和システム性能の評価

■タイトル(英語)

■著者名 木村 優雅(東京電機大学), 姚 遠航(東京大学), 佐藤 正寛(東京大学), 熊田 亜紀子(東京大学), 日高 邦彦(東京電機大学), 岡本 徹志,(TMEIC), 櫻井 孝幸(TMEIC), 山中 雄太(三菱電機), 梅本 貴弘(三菱電機)
■著者名(英語)
■価格 会員 ¥220 一般 ¥440
■書籍種類 部門大会
■グループ名 【A】令和4年電気学会基礎・材料・共通部門大会
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード インバータサージ|回転機|コイル端|電界緩和
■要約(日本語) 型巻モータ端部では,電界緩和を行うために非線形抵抗材料であるStress Grading Tape (SGT)を用いた電界緩和システムが導入されている。電界緩和性能は基本波印加時に室温と加熱を繰り返す(熱履歴)ことで,一定まで低下することがわかっている(初期熱履歴特性)(1)。本稿では,初期熱履歴特性取得後の実験サンプルに繰り返しインパルス電圧を印加し,電界緩和性能への電界ストレスの影響を評価した
■要約(英語)
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 510Kバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.