HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の部門大会 > 文献詳細

・会員価格 ¥220
・一般価格 ¥440
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 13-B-a2-2
■ページ数 1ページ
■発行日
2022/08/30
■タイトル

エナメル線ツイストエアにおけるφ-q-n分布のPDIV過電圧率依存性

■タイトル(英語)

■著者名 泉 壮鴻(兵庫県立大学), 岡田 翔(兵庫県立大学), 上野 秀樹(兵庫県立大学), 太田 慎弥(住友電気工業), 溝口 晃(住友電気工業), 山内 雅晃(住友電気工業)
■著者名(英語)
■価格 会員 ¥220 一般 ¥440
■書籍種類 部門大会
■グループ名 【A】令和4年電気学会基礎・材料・共通部門大会
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード エナメル線|ツイストペア|部分放電|φ-q-n|発泡エナメル線|Wコート
■要約(日本語) 近年の産業用モータの制御には主にインバータが用いられ高電圧で駆動している。しかし、モータコイル内のエナメル線に高電圧が印加されると部分放電が発生し、エナメル線が損傷する可能性がある。この部分放電を抑制するために発泡エナメル線が開発されている。また機器の絶縁破壊を未然に防ぐために劣化診断が重要であり、診断技術としてφ-q-n(位相、電荷量、発生頻度)分布が有効とされている。本研究ではPDIVに対する過電圧率が部分放電特性に与える影響を調べるため過電圧率を変更し、φ-q-nを測定し評価、検討した。なお、試料には無発泡エナメル線、発泡エナメル線及び発泡率30%の皮膜を無発泡の皮膜で覆ったWコートエナメル線を用いた。
■要約(英語)
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 348Kバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.