HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥1,940
・一般価格 ¥2,772
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1389
■ページ数 38ページ
■発行日
2016/12/20
■タイトル

電磁界を用いた自然災害軽減のための観測・予測・解析技術

■タイトル(英語)

Observation, Prediction, and Simulation Technologies for Natural Hazard Mitigation by Electromagnetic Approaches

■著者名 電磁界を用いた自然災害軽減のための観測・予測・解析技術調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee on Observation, Prediction, and Simulation Technologies for Natural Hazard Mitigation by Electromagnetic Approaches
■価格 会員 ¥1,940 一般 ¥2,772
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【A】基礎・材料・共通部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 電磁界、自然災害、雷、気象レーダ、地震/Electromagnetic field, Natural Hazard, Lightning, Rainfall radar, Earthquake
■要約(日本語) 我が国は地理的に多くの自然災害を受ける環境にあり様々な災害を軽減する様々な対策が講じられてきているが,大きな被害をもたらす自然災害は依然として発生しておりこれを軽減することは極めて重要である。近年, 短期的または直前の自然災害の予知・予測を行う手段として, 電磁界を用いた技術が注目を集めている。例えば, フェーズドアレーアンテナを用いて降雨レーダが高性能化・高分解能化され,豪雨や突風といったシビア現象の発生予測の可能性が期待されている。更には,地震に先行すると考えられる電磁気現象も多く報告されてきており,電磁気的先行現象による発生予測の確立が待たれるところである。本報告書では,電磁界を用いた自然災害の観測・予測・解析技術の開発動向と被害軽減のための利用可能性を調査した内容をまとめている。主な内容として,雷放電から発生する長波帯電磁波を観測して三次元放電路を同定する新たな放電現象の解析手法、フェーズドアレーアンテナを用いた高時間分解能レーダの解析技術およびKu帯広帯域レーダの応用システム,地震などの地殻活動から発生する電磁波パルスの観測や, 地殻活動に先行して発生する電離圏の現象を観測・解析する技術,また地震によって変化するとされている電力網の中性点電流の13年間にわたる長期観測,およびこれらの観測に必要な雑音除去法, および数値シミュレーションの応用について報告している。
■要約(英語) Natural hazards such as lighting discharge, torrential rainfall, earthquake, and volcanoes threaten human lives and activities. Recent development of electromagnetic technologies allows us to forecast and monitor natural hazards, for example, radars, lighting detection system, and so on. Moreover, earthquake-related electromagnetic phenomena are recently studied actively, and being considered as a promising candidate for short-term earthquake prediction This technical report presents the recent development of electromagnetic technologies to observe, predict, and analyze various natural phenomena associated with the abovementioned hazards and summarizes the state of the art research progress of seismo-electromagnetics
■版 型 A4

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

障害発生源としての静電気放電66ページ¥3,564(税込)
先進電磁界解析による設計高度化技術111ページ¥4,884(税込)
パワーエレクトロニクス応用システムのシミュレーションのための標準的モデル〜スマートグリッド,モータドライブ,自動車分野の解析〜82ページ¥3,960(税込)
ユーザから見たACモータドライブ適用動向56ページ¥3,300(税込)
電力需給・周波数シミュレーションの標準解析モデル151ページ¥5,940(税込)
回転機電磁界解析に関する高度先端技術90ページ¥4,224(税込)
系統運用者から見た電力設備の運用限度98ページ¥4,488(税込)
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.