HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥3,234
・一般価格 ¥4,620
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1400
■ページ数 101ページ
■発行日
2017/08/30
■タイトル

アジア諸国との学術・研究交流と次世代有機エレクトロニクス材料技術

■タイトル(英語)

Academic and Research Exchange with Asian Countries, and Next-generation Electronic Materials Technology

■著者名 アジア地区における有機誘電性・機能性電気電子材料の次世代エレクトロニクスへの応用に関する調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee on Application to the Next-generation Electronics of the Study of Organic Dielectricity and Functionality of Electrical and Electronic Materials in the District of Asia
■価格 会員 ¥3,234 一般 ¥4,620
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【A】基礎・材料・共通部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード アジア諸国, 研究交流, 有機機能性材料, 有機分子素子工学, 次世代エレクトロニクス/Asian countries, Research exchange, Organic functional materials, Engineering of organic molecular devices, Next-generation electronics
■要約(日本語) 21世紀の科学技術の重点分野として, 環境・エネルギー・ライフサイエンス・バイオ・通信・ナノテクノロジーがあげられ, 有機誘電体・半導体材料や有機分子素子の役割の重要性が指摘されている。このような重点分野は学際的かつ国際的な連携で研究が急ピッチで進むと考えられているため, 欧米は勿論のこと, 台頭著しいアジア諸国の科学技術の動向を的確に把握する必要がある。このような背景から, 本委員会では, 韓国, 中国, インドを中心とするアジア諸国における有機誘電性・機能性電気電子材料, すなわち有機誘電体・半導体・導電体・機能性材料や有機分子素子で構成される構造体の持つ性質と特徴の趨勢と次世代エレクトロニクスへの応用に関し, その地域に特有な文化も踏まえて研究動向の調査活動をすすめてきた。さらに, 有機誘電体・半導体・導電体材料や有機分子素子材料の持つ性質と特徴を電気電子工学分野で活用するために必要となる工学体系として「有機分子素子工学」への展開を図ることをその目的とした。
現在 有機エレクトロニクス研究は, 安価で柔軟な電子デバイスを基盤とする新しい工学技術であり, シリコンをはじめとする無機半導体を中心に発展してきたエレクトロニクスの世界が大きく変わろうとしている。
本技術報告書は, 以下に示す項目で構成されている。
総論
第I編 アジア諸国との学術・研究交流
1章 中国・韓国との交流を中心として
2章 インドの社会環境と科学政策
3章 タイとの交流
第II編 次世代有機エレクトロニクス材料技術の研究動向
1章 有機薄膜作製技術とシミュレーションによる評価の試み
2章 有機電気電子材料中の電荷計測技術
3章 プリンテッド薄膜トランジスタ技術
4章 機能性液体の光学応用
5章 生体イオントロニクス
まとめ
本技術報告書は, 有機誘電体・導電性電気電子材料研究のアジア諸国の動向を把握するうえで, 関連領域の技術者・研究者に必読の書である。
■要約(英語) In electrical engineering and electronics of the 21st century, it has been believed that the role of organic molecular materials is extremely important, in addition to organic dielectrics and semiconductor materials. It is necessary to comprehend precisely the research trend of the growing Asian countries, not to mention advanced Europe and America, and of the studies progress under the interdisciplinary and international cooperation. Upon paying attention to the culture peculiar to the location, we have investigated and discussed the characteristics of the study based on application to the next-generation electronics of organic dielectrics, conductive electrical and electronic materials in Asian countries such as China, Korea, India etc. Furthermore, to make use well of properties and characteristics of organic dielectrics, semiconductors, conductive materials and organic molecular devices in the field of electrical and electronic engineering, we have been investigating research activities worldwide. The objective our investigation was to establish new scholarly engineering which is necessary for organic electronics, and “engineering of organic molecular devices” is our goal. The field of organic electronics promises exciting new technologies based on inexpensive and mechanically flexible electronic devices and the world of electronics which have been developed mainly on a silicone semiconductor is going to change drastically.  This technical report is comprised of all eight chapters by the following item. Introduction Part I : The academic and research exchange with Asian countries Chapter 1. Academic and research exchange with China, Korea, and other countries Chapter 2. Social environment and scientific policy in India Chapter 3. Exchange with Thailand Part 2 : Research trend of the next-generation organic electronic materials technology Chapter 1. Fabrication techniques of organic thin films and the evaluation based on simulation Chapter 2. Measurement techniques for studying charge behavior in organic electrical and electronic materials Chapter 3. Printed thin-film transistor technologies Chapter 4. Optical applications of functional liquids Chapter 5. Bioiontronics Summary  We hope this technical report can further the field, and provide a reference for and insights into organic electronic, photonic, and iontronic materials and devices.
■版 型 A4

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

自動車用モータの技術動向55ページ¥3,300(税込)
自動車用電源システムとその活用61ページ¥3,432(税込)
高効率MHD発電とその応用47ページ¥3,036(税込)
医工連携による医療福祉機器実用化の問題点とその解決法25ページ¥2,508(税込)
交流電源にインタフェースされるパワーエレクトロニクス回路技術51ページ¥3,168(税込)
再生可能エネルギーなどの分散電源と連系した配電線で発生する雷サージ53ページ¥3,960(税込)
電力系統における蓄電池利用・制御技術120ページ¥5,016(税込)
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.