HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥3,603
・一般価格 ¥5,148
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1491
■ページ数 95ページ
■発行日
2020/08/11
■タイトル

高温化におけるPEA法を用いた空間電荷分布測定の校正法標準化とPEA法の応用測定技術 ※こちらの商品は英文となります

■タイトル(英語)

Standardization of Calibration and Advanced Measurements of Space Charge Distribution at High Temperature Using the Pulsed Electro-acoustic Method

■著者名 高温下におけるPEA法を用いた空間電荷分布測定の校正法標準化とPEA法の応用測定技術調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee for Standardization of Calibration and Advanced Measurements of Space Charge Distribution at High Temperature Using the Pulsed Electro-acoustic Method
■価格 会員 ¥3,603 一般 ¥5,148
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【A】基礎・材料・共通部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード パルス静電応力(PEA)法,高温,空間電荷分布測定,校正法標準化,応用測定技術/Pulsed Electro-acoustic Method, High Temperature, Measurements of Space Charge Distribution, Standardization of Calibration, Advanced Measurements
■要約(日本語) パルス静電応力(PEA)法による空間電荷分布測定法は,誘電・絶縁材料の電気的特性を定量的に行うための技術として,今日では世界各国の多くの研究者によって使用されており,特に直流送電用電力ケーブルの絶縁材料評価法としては,多くのケーブル製造会社が,材料開発のためのツールとして利用している。また,この手法を,製造したケーブルの試験に用いる検討も開始されている。したがって,測定結果を比較するために,測定された信号を正しく校正するための共通した手法を定める必要がある。これまで,室温における測定の校正法については,電気学会技術報告第1367号にまとめられているが,直流送電ケーブル用絶縁体の特性を調査する場合などには,ケーブル導体の温度が上昇するため,高温での空間電荷の測定は不可欠である。
そこで,本技術報告では,90℃程度の比較的高温における,PEA法を用いた空間電荷分布の測定法の標準化を行った。また,PEA法が開発された我が国においては,本手法がさまざまな環境下で用いられ,多くの応用的手法が開発されている。したがって,標準化とともに,今後の応用技術をまとめておくことにより,世界における本手法の主導的立場を確固たるものにすることができると考えられるため,最新の測定技術を調査し,技術報告書としてまとめた。
■要約(英語) The measurement method for space charge distribution using the pulsed electro-acoustic (PEA) method is used by many researchers around the world as a technique for quantitatively measuring the electrical characteristics of dielectrics and insulating materials. Many cable manufacturers especially use it as a tool for material development as an evaluation method of insulating material for DC power cables. In addition, studies have begun to use the PEA method for testing manufactured cables. Therefore, to compare the measurement results, it is necessary to define a common method for correctly calibrating the measured signals. Up to now, the calibration method for measurement at room temperature has been summarized in IEEJ Technical Report No. 1367. However, when investigating the characteristics of an insulator for DC power cables, the temperature of the cable conductor rises, so measurement of space charge at high temperatures is essential. In this technical report, we standardized the measurement method of the space charge distribution using the PEA method at a relatively high temperature of about 90°C. The PEA method is used in various environments and many applied methods have been developed. Therefore, by summarizing future application technologies together with standardization, the leading position of the PEA method in the world can be solidified. For these reasons, we have surveyed the latest measurement technologies and compiled a technical report.
■版 型 A4

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

パワーデバイス・パワーICの高性能化技術動向62ページ¥3,432(税込)
次世代直流送電におけるコンデンサの役割・性能62ページ¥3,432(税込)
用途指向形次世代モータの技術動向と用途別機電一体化技術56ページ¥3,300(税込)
JEC-TR-59002:2018 蓄電池システムによるエネルギーサービスに関する標準仕様135ページ¥4,607(税込)
JEC-TR-59003:2018 非常用発電機システムによるエネルギーサービスに関する標準仕様105ページ¥3,818(税込)
JEC-TR-59004:2019 ビル用マルチエアコンによるエネルギーサービスに関する標準仕様123ページ¥4,180(税込)
分野別サービスロボットのための小形モータおよび実現化技術51ページ¥3,168(税込)
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.