HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥3,049
・一般価格 ¥4,356
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1499
■ページ数 93ページ
■発行日
2021/03/18
■タイトル

鉄道電気利用における省エネルギー・新エネルギー技術の効果の検証

■タイトル(英語)

Evaluation of Energy-Saving and Alternative Energy Technologies for Electric Railway

■著者名 鉄道電気利用における省エネルギー・新エネルギー技術の効果の検証調査専門委員会
■著者名(英語) Technical investigation committee on evaluation of energy-saving and alternative energy technologies for electric railway
■価格 会員 ¥3,049 一般 ¥4,356
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【D】産業応用部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 消費エネルギー、賦存量/Energy consumption, Potential reduction resources
■要約(日本語) 本技術報告書では,鉄道事業にまつわる様々な省エネルギー・新エネルギー技術の現状について調査し,その効果をできるだけ定量的にまとめている。とかく「車両」,「運転」,「電力」などの系統別に分かれて議論されがちな鉄道電気に関わる技術分野について,その系統の壁を越えて,各分野の技術者・研究者が一堂に会して活動を行うことを,一つの特長として,3年間,活動を行ってきた。委員会は,各分野の技術者・研究者が集っていることに加えて,多くの鉄道事業者の関係者が名を連ねていることも,大きな特徴であった。このため,委員会では各社の取組みについての具体的な報告を議論することができ,本技術報告書でも,他にはない,実フィールドでのデータを多く集積することができ,貴重なデータ集としての価値も高いものが出来上がったと自負している。
本技術報告書では,第2章から第5章まで,「地上設備」,「車両」,「運転手法」,「駅設備」に分けて,それぞれの最近の技術動向について整理している。また,第6章では,鉄道システム全体を俯瞰しての省エネルギーソリューションとして,メーカー各社から提案されているものを中心に,最近の提案をまとめた。上記を踏まえたうえで,第7章では,各種省エネルギー施策のポテンシャルを,賦存量として概算することを試みた。
■要約(英語) In this report, evaluation of energy-saving and alternative energy technologies are investigated in an electric railway. One of the features in this technical investigation committee is consisted of railway operators, engineers, and researchers, related to power supplying equipment, rolling stock, driving operation. It has been discussing them for three years. This report summarizes energy saving technologies of power supply equipment, rolling stock, driving operation and station facilities. In addition, this report describes energy saving technologies and these are related to the whole railway systems. This report also introduces potential reduction resources, which is expected to be utilized as a saving energy. To estimate this potential, energy consumption is analyzed in detail from a variety of perspectives.
■版 型 A4

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

日本のパワーエレクトロニクス発達史―1985年以前―91ページ¥4,356(税込)
電力機器・設備において実用化されている絶縁材料と最新の診断技術100ページ¥4,488(税込)
用途指向形モータの技術変遷と期待される次世代技術64ページ¥3,564(税込)
配電設備の高経年化に対応した技術動向と課題82ページ¥3,960(税込)
回転機電磁界解析の実用的総合評価技術99ページ¥4,488(税込)
需要家電力資源によるエネルギーサービス167ページ¥6,468(税込)
次世代パワーエレクトロニクスを牽引するシステムインテグレーション ―高パワー密度化に向けた要素技術とそのロードマップ―60ページ¥3,432(税込)
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.