HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥2,310
・一般価格 ¥3,300
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1508
■ページ数 53ページ
■発行日
2021/02/10
■タイトル

スマートデバイス用マグネティックスの研究開発動向

■タイトル(英語)

Research and Development trends in magnetics for smart devices

■著者名 次世代スマートデバイス構築のための高周波磁気調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee on High-frequency Magnetics for Next-generation Smart Devices
■価格 会員 ¥2,310 一般 ¥3,300
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【A】基礎・材料・共通部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 高周波パワーマグネティックス,RF回路素子,磁性材料,ノイズ抑制技術,解析・計測技術/High-frequency power magnetics, RF circuit elements, magnetic materials, noise suppression techniques, analysis and measurement techniques
■要約(日本語) スマートデバイスとは,ネットワークを通じた通話・通信によるコミュニケーション,インターネットによる情報検索,GPSでの位置情報の利用,カメラからの画像取込,ならびにそれら情報の管理が可能な多機能装置を意味し,スマートフォンやタブレット端末に代表されるモバイルツールが具体例として挙げられる。スマートデバイスの小型化・高性能化・多機能化は,半導体・誘電体・磁性体のそれぞれの素子の微細化・集積化・高性能化に後押しされて進展してきた。次世代スマートデバイスの構築には,〜数MHzから数十GHzまでの非常に広い周波数帯域を対象とし,バッテリー等電源部の小型化・高出力密度化に加えて,インダクタに代表される磁気素子をより小型化・高集積化する研究開発が必須となっている。
本書は,次世代スマートデバイス構築のための高周波磁気調査専門委員会が中心となって、当該分野の研究開発動向を第一線の研究者・技術者の協力を得てまとめたものである。概要は以下のとおりである。
(1)スマートデバイス構築のための高周波パワーマグネティックスの研究開発動向
(2)スマートデバイス構築のためのRF回路素子の研究開発動向
(3)ノイズ抑制技術の研究開発動向
(4)スマートデバイス構築のための磁性材料の研究開発動向
(5)スマートデバイス構築のための解析・計測技術の研究開発動向
■要約(英語) Smart devices mean the multifunctional devices for which the communication by the telephone and communication through the network, information retrieval by the Internet, the use of the positional information with the GPS, the image capture from a camera, and management of their information are possible, and examples of smart devices are mobile tools represented by a smartphone and a tablet terminator. While it was pushed from behind by miniaturization, integration, and the technological advance of elements composed of semiconductors, dielectrics, and magnetic materials, downsizing, the technological advance, and multi-functionalizing of the smart devices progressed. To construct the next-generation smart devices, R&Ds are required for not only the miniaturization and high output density of the power supply units such as butteries etc. but also downsizing and the high integration of magnetic elements such as inductors etc. at very wide frequency range between several MHz to tens of GHz. This technical report has been edited by Investigating R&D Committee on High-frequency Magnetics for Next-generation Smart Devices and includes six chapters shown below. (1) Introduction (2) R&D trends in high-frequency power magnetics for smart devices (3) R&D trends in RF circuit elements for smart devices (4) R&D trends in noise suppression techniques (5) R&D trends in magnetic materials for smart devices (6) R&D trends in analysis and measurement techniques for smart devices
■版 型 A4

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

用途指向形モータの技術変遷と期待される次世代技術64ページ¥3,564(税込)
電力機器・設備において実用化されている絶縁材料と最新の診断技術100ページ¥4,488(税込)
鉄道の運転に関する概念と用語の国際比較と標準化の検討44ページ¥2,904(税込)
自動車用モータの技術動向55ページ¥3,300(税込)
自動車用電源システムとその活用61ページ¥3,432(税込)
高効率MHD発電とその応用47ページ¥3,036(税込)
再生可能エネルギーなどの分散電源と連系した配電線で発生する雷サージ53ページ¥3,960(税込)
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.