HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥3,049
・一般価格 ¥4,356
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1514
■ページ数 65ページ
■発行日
2021/06/07
■タイトル

雷リスク評価に基づく社会インフラの絶縁・EMC設計

■タイトル(英語)

Social Infrastructure Insulation and EMC Design based on Lightning Risk Assessment

■著者名 雷リスク評価に基づく電力設備・ICT機器の絶縁・EMC設計調査専門委員会
■著者名(英語) R&D committee on Power Equipment, ICT Equipment Insulation and EMC Design on Lightning Risk Assessment
■価格 会員 ¥3,049 一般 ¥4,356
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【B】電力・エネルギー部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード EMC,雷リスク,絶縁設計/EMC, Lightning risk, Insulation design
■要約(日本語) 電力・電気・情報・通信・鉄道設備は,現代社会におけるインフラストラクチャーとして欠くことができない存在である。このため,これらの設備を安全にかつ安心に利用するために,適切な規格・基準の下,管理運用する必要がある。しかしながら,これらの根拠となる事項が,これまでの調査専門委員会での絶縁・EMC設計に関わる調査・研究活動を通じて,設備の絶縁設計やEMC設計に関する規格・基準においても,不明瞭な定義に基づく規定が数多く存在することがわかってきた。特に,雷現象に関わる事項は,経験則に基づくパラメータ設定が多いため,その理論的・技術的な根拠を明確することで,これまでの確定論的設計で裕度とされてきた値を定量化し,設備設計の最適化を図る。
さらに,近年の災害リスクをマネジメントする観点から,設備や装置が雷などの外乱により受けるハザード量およびリスクを評価することが求められているが,現状は「ハザード量・リスク」の定義が不明確である。このため,ハザード量やリスクの考え方を整理するとともに,設備設計におけるそれらの意味を明らかにする必要があり,これらの考え方に基づく統計論的設計を確立することが重要な課題である。
本技術報告書では,雷を外乱としたときの電力・電気設備,情報・通信設備,鉄道設備や一般建築物における絶縁・EMC設計の考え方とともに,各分野の設備における雷リスク評価法の考え方や雷に対する最適設計手法について述べる。
■要約(英語) Electric power, electricity, information, communication, and railway facilities are indispensable as infrastructure in modern society. Therefore, to use these facilities safely, it is necessary to manage and operate them under appropriate standards. However, through the survey and research activities related to insulation and EMC design by the R&D committees so far, it was found that grounds for the standards related to equipment insulation design and EMC design are unclear. It has also become clear that there are many provisions in the values that have been regarded as marginal in the deterministic design so far. Furthermore, from the perspective of managing disaster risk in recent years, it is required to evaluate the amount of hazard and risk that equipment and devices receive due to disturbances such as lightning, but at present the definition of hazard and risk is unclear. For this reason, it is necessary to sort out the concepts of hazards and risks and clarify their meanings in facility design, and establishing a statistical design based on these concepts is an important issue. This technical report describes the concept of lightning risk assessment method and the optimum design method for power and electrical equipment, information and communication equipment, railway equipment and general buildings equipment, along with the concept of insulation and EMC design for each equipment when lightning is a disturbance.
■版 型 A4

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

ガス絶縁開閉装置(GIS)に関連する最新規格と今後の技術動向98ページ¥4,488(税込)
ウェーブレットと知識抽出41ページ¥2,904(税込)
風力発電設備の耐雷健全性維持と稼働率向上のための最新技術の動向51ページ¥3,960(税込)
オンチップRFマグネティックスの研究開発動向76ページ¥3,828(税込)
計測・センサ応用による多機能システムに関する高度化技術61ページ¥3,432(税込)
非整備環境におけるセンシングとAI技術73ページ¥3,828(税込)
電線・ケーブルのリサイクルの現状と技術動向50ページ¥3,168(税込)
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.