HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥2,679
・一般価格 ¥3,828
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1538
■ページ数 73ページ
■発行日
2022/10/03
■タイトル

多端子連系をはじめとする直流送電の最新技術動向

■タイトル(英語)

Latest technological trends in HVDC transmission including multi-terminal interconnection

■著者名 多端子連系をはじめとする直流送電の最新技術動向調査専門委員会
■著者名(英語) Expert Committee for the latest technology trend survey of HVDC transmission including multi-terminal interconnection
■価格 会員 ¥2,679 一般 ¥3,828
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【B】電力・エネルギー部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 多端子直流送電,HVDC,交直変換器,パワーエレクトロニクス,電力系統解析/Multi-terminal HVDC transmission, HVDC, AC / DC converter, Power electronics, Power system analysis
■要約(日本語) 再生可能エネルギー由来の出力不安定な分散形電源の大量導入が進むなか,電気エネルギーの安定供給を維持し続けるため,電力系統の計画・運用・制御についてさらなる技術革新が進められている。我が国において系統間電力融通を考えるとき,あるいは洋上風力発電の発電電力を陸上に輸送する方法を考えるとき,いずれの局面においても直流送電は有用な技術のひとつとなっている。
近年では特に,洋上風力発電の電力を複数箇所の陸上に送電するような場面において,多端子直流送電に大きな期待が寄せられている。例えば,国内では大規模な洋上風力発電の発電電力を陸上に送電するための技術として多端子直流送電システムの研究開発が推進されている。
そこで,大容量洋上風力発電の柔軟な系統連系を可能にする多端子直流送電や,分散形電源の連系容量増加や電力自由化の進展に伴う直流送電の技術動向から今後適用が期待される役割や新要素技術にいたるまで,最新の直流送電技術の動向調査を行うことを目的として,「多端子連系をはじめとする直流送電の最新技術動向調査専門委員会」が令和2年1月〜令和4年12月までの3年間,設置し,計12回の委員会が開催した。本技術報告はこの調査専門委員会での調査結果をまとめた。
■要約(英語) As the mass introduction of distributed power sources with unstable output derived from renewable energy progresses, further technological innovations are being promoted in the planning, operation, and control of electric power systems in order to maintain a stable supply of electrical energy. In Japan, HVDC transmission is one of the useful techniques when considering the interchange of power between grids or when considering the method of transporting the generated power of offshore wind power generation to land. In recent years, there have been great expectations for multi-terminal HVDC transmission, especially in situations where offshore wind power is transmitted to multiple locations on land. For example, in Japan, research and development of a multi-terminal HVDC transmission system is being promoted as a technology for transmitting the power generated by large-scale offshore wind power generation to land. Therefore, it is expected to be applied in the future due to the technological trends of multi-terminal HVDC transmission that enables flexible grid interconnection of large-capacity offshore wind power generation and DC transmission with the increase in interconnection capacity of distributed power sources and the progress of power liberalization. January 2020 It was set up for three years until December 2022, and a total of 12 committee meetings were held. This technical report summarizes the results of the investigation by this investigation expert committee.
■版 型 A4

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

送電用ケーブルシステムの現状と技術動向83ページ¥4,092(税込)
給電運用システムの機能88ページ¥4,224(税込)
配電設備の高経年化に対応した技術動向と課題82ページ¥3,960(税込)
電力変換装置における実用的なEMC 対策技術56ページ¥3,300(税込)
需要設備の安全性と電力品質の向上を目指した保全高度化技術86ページ¥4,092(税込)
配電用品ライフサイクルマネジメントの動向と課題92ページ¥3,630(税込)
風力発電大量導入時の系統計画・運用・制御技術58ページ¥4,092(税込)
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.