HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の論文誌(論文単位) > 文献詳細
*商品について
表紙はついていません(本文のみ中綴じ製本です)。
号単位でも購入できます。
すべてモノクロ印刷です。
Extended Summaryはついていません。

・会員価格 ¥550
・一般価格 ¥770
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No.
■ページ数 5ページ
■発行日
2021/12/01
■タイトル

眼科医療応用を目指したマイクロチップレーザーの開発

■タイトル(英語)

Development of Microchip Laser for Ophthalmic Therapy Application

■著者名 荒木 隼悟((株)ニデック アイケア事業部 先端技術開発部),足立 宗之((株)ニデック アイケア事業部 先端技術開発部),鈴木 淳((株)ニデック アイケア事業部 先端技術開発部),吉田 直樹((株)ニデック アイケア事業部 先端技術開発部),小嶋 和伸((株)ニデック アイケア事業部 先端技術開発部),和座 一憲((株)ニデック アイケア事業部 先端技術開発部)
■著者名(英語) Shungo Araki (Advanced Technology Development Department, Eye Care Division, NIDEK CO., LTD.), Muneyuki Adachi (Advanced Technology Development Department, Eye Care Division, NIDEK CO., LTD.), Jun Suzuki (Advanced Technology Development Department, Eye Care Division, NIDEK CO., LTD.), Naoki Yoshida (Advanced Technology Development Department, Eye Care Division, NIDEK CO., LTD.), Kazunobu Kojima (Advanced Technology Development Department, Eye Care Division, NIDEK CO., LTD.), Kazunori Waza (Advanced Technology Development Department, Eye Care Division, NIDEK CO., LTD.)
■価格 会員 ¥550 一般 ¥770
■書籍種類 論文誌(論文単位)
■グループ名 【C】電子・情報・システム部門
■本誌 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.141 No.12 (2021) 特集T:電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 特集U:研究会優秀論文
■本誌掲載ページ 1269-1273ページ
■原稿種別 論文/日本語
■電子版へのリンク https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejeiss/141/12/141_1269/_article/-char/ja/
■キーワード マイクロチップレーザー,フォトニック結晶,眼科,後発白内障  microchip laser,photonic crystal,ophthalmology,secondary cataract
■要約(日本語)
■要約(英語) We have recently developed a several milli-joule, sub-nanosecond laser source for ophthalmic therapy application which allows to lower a laser breakdown threshold, less than half, and more stably/effectively yield the breakdown phenomenon compared to that based on conventionally employed source, implying the developed source has a potential to realize more minimally invasive ophthalmic treatment for secondary cataract. For further laser performance, the use of a photonic crystal device as an output coupler of the laser source has been also demonstrated. With this system, pulse width shortening and polarization control of the laser output could be achieved simultaneously. This paper presents these recent ophthalmic laser developments.
■版 型 A4
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.