HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の論文誌(論文単位) > 文献詳細
*商品について
表紙はついていません(本文のみ中綴じ製本です)。
号単位でも購入できます。
すべてモノクロ印刷です。
Extended Summaryはついていません。

・会員価格 ¥550
・一般価格 ¥770
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No.
■ページ数 8ページ
■発行日
2021/12/01
■タイトル

Correlated Level Shifting技術による離散時間二次ΔΣA/D変換器のSQNR改善と高調波歪の抑制

■タイトル(英語)

Discreate-Time Second-Order Delta-Sigma A/D Modulator Improving SQNR and Suppressing Harmonic Distortions by Correlated Level Shifting Technique

■著者名 滝田 颯人(東京理科大学理工学研究科電気工学専攻),松浦 達治(東京理科大学理工学部電気電子情報工学科),岸田 亮(東京理科大学理工学部電気電子情報工学科),兵庫 明(東京理科大学理工学部電気電子情報工学科)
■著者名(英語) Hayato Takita (Department of Electrical Engineering, Graduate School of Science and Technology, Tokyo University of Science), Tatsuji Matsuura (Department of Electrical Engineering, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science), Ryo Kishida (Department of Electrical Engineering, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science), Akira Hyogo (Department of Electrical Engineering, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science)
■価格 会員 ¥550 一般 ¥770
■書籍種類 論文誌(論文単位)
■グループ名 【C】電子・情報・システム部門
■本誌 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.141 No.12 (2021) 特集T:電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 特集U:研究会優秀論文
■本誌掲載ページ 1313-1320ページ
■原稿種別 論文/日本語
■電子版へのリンク https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejeiss/141/12/141_1313/_article/-char/ja/
■キーワード 相関レベルシフト,ΔΣA/D変換器,信号対量子化雑音比,低消費電力,積分器  correlated level shifting,delta-sigma analog-to-digital converter,signal-to-quantization noise ratio,low power consumption,integrator
■要約(日本語)
■要約(英語) Signal-to-quantization-noise ratio (SQNR) of discrete-time delta-sigma modulators (DTΔΣMs) are degraded when low-gain operational amplifiers (Op-Amps) are used. Correlated level shifting (CLS) technique has been proposed to compensate gain of Op-Amp in pipeline analog-to-digital converters. In this paper, we show that gain of the Op-Amps are improved by applying CLS technique to Op-Amps in the integrators of DTΔΣM, and SQNR is improved even if low-gain Op-Amps are used. The simulation results show that SQNR is improved by 6 dB and SQNR using 374x gain Op-Amp is equivalent to that using 30x gain with CLS technique, and considering nonlinearity of Op-Amps, harmonic distortions are suppressed by over 15 dB.
■版 型 A4
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.