HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の論文誌(論文単位) > 文献詳細
*商品について
表紙はついていません(本文のみ中綴じ製本です)。
号単位でも購入できます。
すべてモノクロ印刷です。
Extended Summaryはついていません。

・会員価格 ¥550
・一般価格 ¥770
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No.
■ページ数 9ページ
■発行日
2021/12/01
■タイトル

電気活動伝播を指標とした培養感覚神経軸索束の集団解析

■タイトル(英語)

Distribution Analysis of Axonal Conduction Delay in In vitro Reconstructed Sensory Fiber

■著者名 酒井 洸児(東京大学大学院 工学系研究科),榛葉 健太(東京大学大学院 工学系研究科),小谷 潔(東京大学 先端科学技術研究センター),神保 泰彦(東京大学大学院 工学系研究科)
■著者名(英語) Koji Sakai (School of Engineering, The University of Tokyo), Kenta Shimba (School of Engineering, The University of Tokyo), Kiyoshi Kotani (Research Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo), Yasuhiko Jimbo (School of Engineering, The University of Tokyo)
■価格 会員 ¥550 一般 ¥770
■書籍種類 論文誌(論文単位)
■グループ名 【C】電子・情報・システム部門
■本誌 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.141 No.12 (2021) 特集T:電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 特集U:研究会優秀論文
■本誌掲載ページ 1331-1339ページ
■原稿種別 論文/日本語
■電子版へのリンク https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejeiss/141/12/141_1331/_article/-char/ja/
■キーワード 軸索,活動電位伝播,感覚神経細胞,微小電極アレイ,培養チャンバ  axon,action potential conduction,sensory neuron,microelectrode array,culture chamber
■要約(日本語)
■要約(英語) Understanding information processing in peripheral somatosensory pathway is essential for revealing mechanisms account for sensory impairments. To investigate cellular functions under in vivo-like conditions, many cell-culture systems for mimicking the structure of somatosensory fibers have been developed. However, there remains a difficulty in detecting electrophysiological properties of individual axons from the axon bundle. To address this, we proposes two analytical methods of evaluating conduction properties of axons using a culture device which allows for multi-site recording of extracellular potentials from an axon bundle. First, we tried to estimate velocity distribution of axons by electrical stimulations. Using the relationships between excitability and conduction velocity, we classified axons into two groups (0.57 m/s and 0.43 m/s) based on analysis of response waveforms evoked by electrical stimulations. Second, we investigated propagation properties of capsaicin-induced action potentials in individual axons. Localized application of capsaicin into the distal part of axons elicited antidromic propagation (68% of total propagations) and induced high-frequency activity (> 10 Hz) which leads to slowing of conduction velocity (12% of initial velocity). These phenomena are related to in vivo somatosensory processing, indicating that the methods will be a useful tool for studying somatosensory processing at the cellular level.
■版 型 A4
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.