HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このままお進みください。
*JEC規格類の電子版について
主に高校・大学等の教員・学生等向けアカデミック価格があります。 アカデミック価格による購入希望の方は, 大学等のドメインのメールより標準化推進室(iec@iee.or.jp)へお問い合わせください。
*ご利用について
書籍とPDFを一緒に購入することはできません。お手数ですが、それぞれご購入いただきますようお願いいたします。
PDFダウンロード
ライセンスキーを
紛失された方はこちら
・印刷冊子・書籍(Book)をご購入される場合は、商品代金に別途配送料がかかります。配送料はネコポスが290円、宅急便が779円(いずれも税込)です。
・印刷冊子・書籍(Book)の納期はお支払い方法によって異なります。詳しくはお支払い方法についてをごらんください。
・PDF商品はカード決済のみとなります。注文完了後30分以内にダウンロード手順を説明したメールを送信します。
・電子図書館で販売している技術報告・書籍は,電気学会の事務局で直接販売しておりませんのでご了承下さい。
当サイトではJavaScript・Cookieを使用しております。ご利用の際にはブラウザ設定でJavaScript・Cookieを有効にしてください。

電気学会HPへ


検索対象:研究会(論文単位)
【A】基礎・材料・共通
教育フロンティア 電磁界理論 電磁環境 光応用・視覚 計測 誘電・絶縁材料 金属・セラミックス マグネティックス 電気技術史 放電・プラズマ・パルスパワー
【B】電力・エネルギー
静止器 開閉保護 新エネルギー・環境 原子力 電線・ケーブル 電力技術 高電圧 超電導機器 保護リレーシステム 電力系統技術
【C】電子・情報・システム
電子材料 電子デバイス 光・量子デバイス 電子回路 情報処理 通信 医用・生体工学 情報システム システム 制御 知覚情報 分野横断型新システム創成
【D】産業応用部門
半導体電力変換 産業計測制御 メカトロニクス制御 モータドライブ 回転機 リニアドライブ 家電・民生 自動車 ITS 交通・電気鉄道 ものづくり 次世代産業システム スマートファシリティ 公共施設
【E】センサ・マイクロマシン
マイクロマシン・センサシステム ケミカルセンサ バイオ・マイクロシステム
西暦 月〜 西暦
[クリア]
PDF この条件でBOOK検索 対象:PDF 表示件数: 形式:
HOMEに戻る
検索結果 全47,795 件 Page: [1][2][3][4][5]・・・[1594]
1.光ファイバ形偏光子の設計法
A design method of an Optical Fiber Polarizer
論文No: EMT24073 ページ数: 5 日付: 2024/07/08
著者: 野ア 光貴(日本大学),荒川 大樹(日本大学),大塚 祐弥(日本大学),亀田 和則(佐野日本大学短期大学),古川 慎一(日本大学)
キーワード : 偏光子|複数円形領域|光ファイバ形素子|金属領域|ピット|C+Lバンド|Polarizer|Multiple Circular Region|Fiber Optic Device|Metal Region|Pit|C+L Band
本研究では,コアの側面に配置した金属領域の上下に中空ピットを持つファイバ形偏光子について,波長1550nmを含む帯域での設計法を検討した.
サイズ:A4 掲載ページ: 83-87
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日電磁界理論研究会-2
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
2.自動車駆動用高速小型SRMの異なる鉄心材料を用いた時における出力および効率に関する検討
A Study on Output and Efficiency of High-Speed Compact SRMs for Automotive Tractions with Different Iron Core Materials
論文No: MD24064,RM24033,VT24001 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 許 文懿(東京工業大学),清田 恭平(東京工業大学),千葉 明(東京工業大学),出口 順一(トヨタ自動車)
キーワード : リラクタンスモータ|スイッチトリラクタンスモータ|アモルファス合金|出力|効率|鉄損|Reluctance motor|Switched reluctance motor|Amorphous alloy|Output|Efficiency|Iron loss
スイッチトリラクタンスモータ(SRM)は回転子内の磁束が回転とともに大きく変化するため、特に高速領域において鉄損の影響が大きい。本稿では自動車駆動用高速小型SRMの鉄損低減のため、アモルファス金属を含んだ 3 種類の鉄心 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 1-6
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
3.鉄道用ハイブリッド界磁モータの設計検討
Deign Study on Hybrid Excitation Motor for Railway Traction Application
論文No: MD24065,RM24034,VT24002 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 河合 龍希(名古屋工業大学),小坂 卓(名古屋工業大学),北条 善久(東洋電機製造),岸田 和也(東洋電機製造)
キーワード : ハイブリッド界磁モータ|可変界磁モータ|鉄道車両|高出力密度|高効率|引き摺り損|hybrid excitation motor|variable flux motor|railway traction application|high-power density|high efficiency|drag loss
本論文では,永久磁石界磁と巻線界磁を併用した可変磁束モータの一種であるハイブリッド界磁モータ(HEM)を対象に,鉄道駆動応用へ向けた設計検討を行っている。想定走行条件の下,界磁巻線を用いた強め界磁制御による目標出力特性の ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 7-12
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
4.キャリア高調波を電力伝送エネルギー源に利用する 三相PCB回転トランスの試作と単体基礎実験
Prototype and Preliminary Tests of Three-phase PCB Rotary Transformer Utilizing Carrier Harmonics for Wireless Power Transfer
論文No: MD24066,RM24035,VT24003 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 寺田 晴彦(静岡理工科大学),向山 純平(静岡理工科大学),青山 真大(静岡理工科大学)
キーワード : PCBコイル|三相回転トランス|無線電力伝送|キャリア高調波|ソフトフェライトコア|printed circuit board coil|three-phase type rotary transformer|wireless power transfer|carrier harmonics|soft ferrite core
キャリア高調波を界磁エネルギー源に利用するための三相回転トランスに関する研究である。特徴として,低インピーダンス,且つ多層厚銅基板を採用した軽量なPCB回転トランス構造である。最初に,提案するPCB回転トランスの説明 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 13-18
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
5.高出力モードと高効率モードを持つマルチモードリラクタンスモータの提案
Proposal of a Multi-mode Reluctance Motor with high-power mode and high-efficiency mode
論文No: MD24067,RM24036,VT24004 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 國分 涼(東京工業大学),清田 恭平(東京工業大学)
キーワード : リラクタンスモータ|同期リラクタンスモータ|スイッチトリラクタンスモータ|マルチモードリラクタンスモータ|5相モータ|多相モータ|Reluctance Motor|Synchronous Reluctance Motor|Switched Reluctance Motor|Multi-mode Reluctance Motor|Five-phase Motor|Multi-phase Motor
リラクタンスモータは経済性が高く幅広い産業分野への適用が期待される.特にスイッチトリラクタンスモータをはじめとする両突極型リラクタンスモータは非常にシンプルな構造であり,コイルエンドを縮小可能であるが,鉄損低減と高出力化 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 19-24
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
6.車両のタイヤハウス内に設置可能な偏平型ダイナモメータ
Flattened dynamometers that can be installed in the tyre house of a vehicle.
論文No: MD24068,RM24037,VT24005 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 北条 善久(東洋電機製造),鷹崎 悠一(東洋電機製造),寺田 賢二(東洋電機製造),近藤 謙太郎(東洋電機製造)
キーワード : ダイナモメータ|永久磁石電動機|自動車開発|dynamometer|permanent magnet motor|automobile development
車両のタイヤハウス内に設置可能な偏平型ダイナモメータを開発した。ダイナモメータは多極の永久磁石電動機とすることで偏平構造を実現している。さらに車両の機械ブレーキへの干渉を考慮して中空構造としている。タイヤサイズは18in ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 25-30
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
7.多層パターンコイル技術を用いた PCBコイルエンド形分布巻PMモータ
Study on PCB Coil-end Type PM-Motor with Multi-Layer Pattern Coil Technique
論文No: MD24069,RM24038,VT24006 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 向山 純平(静岡理工科大学),青山 真大(静岡理工科大学)
キーワード : PCBコイル|永久磁石式同期モータ|分布巻|可変漏れ磁束|小型軽量|電動マイクロモビリティ|printed circuit board coil|PM motor|distributed winding|variable leakage flux| small and lightweight|electrically micro mobilities
電動マイクロモビリティ用モータを小型化するためには,分布巻のコイル渡り部を短縮する必要がある。本研究では渡り部をパターン化した多層厚銅プリント基板(PCB)と,棒状コンダクタを用いた新たなステータ構造を提案する。PCBス ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 31-36
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
8.自動車駆動用アキシャルギャップモータにおけるYASA型とDSSR型の出力密度および効率の比較検討
Comparison of Output Power Density and Efficiency Between Two Axial Gap Motor Using DSSR and YASA Structures For Traction Applications
論文No: MD24070,RM24039,VT24007 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 中野 佑紀(岡山大学),綱田 錬(岡山大学),竹本 真紹(岡山大学),今井 純(岡山大学),齋藤 達哉(住友電工焼結合金),上野 友之(住友電工焼結合金)
キーワード : アキシャルギャップモータ|自動車駆動用途|SMC|DSSR|YASA|高出力密度|Axial gap motor|Traction applications|SMC|DSSR|YASA|High output power density
本稿では、12 kW/kgを超える高出力密度を実現可能な自動車駆動用アキシャルギャップモータを設計する。提案DSSR(double-stator single-rotor)型アキシャルギャップモータは、新規回転子構造を採 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 37-42
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
9.単一インバータによる二台の永久磁石同期電動機駆動のためのトルク微分値操作型トルクフィードバック制御法
Torque derivative value manipulated type torque feedback control method for dual parallel PMSM drives with single inverter
論文No: MD24071,RM24040,VT24008 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 安藤 僚麻(中部大学),長谷川 勝(中部大学)
キーワード : PMSM|並列運転|トルクフィードバック制御|トルク微分値操作|PMSM|dual parallel system|torque feedback control|torque derivative value manipulation
PMSM駆動システムの小形化・簡素化のため,単一インバータによる2台のPMSM並列運転法が研究されている。制御方式としてリーダー側のみに速度制御器が設置されたリーダーフォロワー(マスタースレーブ)方式が採用されることが多 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 43-48
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
10.二電源入力電力変換器(D-EPC)における3レベルインバータ駆動による電力配分制御
Power Distribution Control by 3-Level Inverter Drive for DC-Input Direct Electric Power Converter (D-EPC)
論文No: MD24072,RM24041,VT24009 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 吉井 成龍(東京電機大学),吉本 貫太郎(東京電機大学)
キーワード : 電力変換|電力制御|昇圧制御|インバータ|ハイブリッド車|D−EPC|power conversion|power control|boost control|inverter|hybrid vehicle|D-EPC
本研究では、D-EPCと3レベルインバータ駆動による電力配分制御を示し、その電力配分の理論検討と実験結果による比較を行う。3レベルインバータ駆動の電力配分制御による電力配分の理論式と実験結果から、検討した電力配分の理 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 49-54
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
11.直接トルク制御における最大トルク/磁束制御の制御手法
Control Method for Maximum Torque per Flux Control in Direct Torque Control
論文No: MD24073,RM24042,VT24010 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 井上 達貴(大阪公立大学),井上 征則(大阪公立大学),森本 茂雄(大阪公立大学),真田 雅之(大阪公立大学)
キーワード : 直接トルク制御|永久磁石同期モータ|最大トルク/磁束制御|direct torque control|permanent magnet synchronous motor|maximum torque per flux control
永久磁石同期モータ(PMSM)は,大トルク化や小型化を進めると電磁鋼板の磁気飽和によりモータパラメータが運転中に変化し高性能な制御が困難となる。直接トルク制御は電気子鎖交磁束に同期したM-T座標を用いることができ、パラメ ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 55-60
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
12.トルク微分値操作型トルクフィードバック制御法を適用したスイッチトリラクタンスモータの実機検証
Experimental evaluation of torque derivative value manipulated type torque feedback controlled SRM
論文No: MD24074,RM24043,VT24011 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 藤井 勝路(中部大学),河村 尚輝(中部大学),長谷川 勝(中部大学)
キーワード : SRM|トルク制御|インダクタンス変動|モデルベース制御|SRM|torque control|inductance variation|model based control
SRMの固定子インダクタンスは動作点により大きく変動するため,電流ベクトル制御などのトルク制御法を用いた場合,高速なトルク応答を目的として単純にハイゲイン設計を施すと不安定化する恐れがある。これに対し,位相余裕が大きくハ ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 61-66
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
13.DER活用に於けるマルチデバイス接続実験報告
Report on experiment of multi-device connection at DER utilization
論文No: MD24076,RM24045,VT24013 ページ数: 5 日付: 2024/07/08
著者: 馬場 博幸(東京大学),今中 政輝(東京大学)
キーワード : DER|アグリゲーター|マルチデバイス接続|クラウド接続|DER|aggregator|multi-device-connection|cloud connection
太陽光発電や風力発電の一層の導入には、需要側機器(DER)にも調整力の一部を担わせる必要がある。筆者らはDER活用の社会実装に、一のユーザーが複数のDER(例:EV充電器とEV自体)に対してICT接続し、一つの仕事をさせ ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 67-71
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
14.材料非線形性を考慮した可変磁石リアクトルの特性に関する検討
Characteristics Evaluation of Variable Magnet Reactor using Nonlinear Materials
論文No: MD24077,RM24046,VT24014 ページ数: 4 日付: 2024/07/08
著者: 高橋 浩司(日産自動車),佐々木 健介(日産自動車),加藤 崇(日産自動車)
キーワード : リアクトル|可変磁石|非線形性材料|着磁性|Reactor|Variable magnet|Nonlinear material|Magnetization
DCDCコンバータ小型化にはリアクトル小型化が重要である。その一方策としてギャップに磁化可変な磁石を挿入した可変磁石リアクトルに着目している。本リアクトルは負荷電流による磁束を磁石により打ち消すことでコア磁気飽和緩和等の ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 73-76
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
15.直流零相電流を利用したデュアルインバータ駆動可変界磁永久磁石同期モータの実機検証
Actual Verification of Dual Inverter Fed Adjustable Field IPMSM Using DC Zero-Sequence Current
論文No: MD24078,RM24047,VT24015 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 岩間 清大(静岡大学),日吉 祐太郎(静岡大学創造科学技術大学院),野口 季彦(静岡大学)
キーワード : PMSM|可変界磁|デュアルインバータ|零相電流|フェールセーフ|ハルバッハ配列|PMSM|Adjustable field |Dual Inverter|Zero-sequence current|Fail-safe|Halbach array
可変界磁永久磁石同期モータ(可変界磁PMSM)は広範囲な駆動領域を実現できる一方で,界磁制御のための追加回路が要求されるという課題がある。そこで本稿では,従来ベクトル制御で用いられてきたdq軸電流に加えて直流の零相電流を ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 77-82
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
16.モータ漏れインダクタンスを用いたアクティブパワーデカップリングの原理検証とバッファコンデンサ容量設計法
Active Power Decoupling Control with Zero-Vector Voltage and Leakage Inductance of Motor
論文No: MD24079,RM24048,VT24016 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 河内 謙吾(三菱電機/長岡技術科学大学),渡辺 大貴(長岡技術科学大学),伊東 淳一(長岡技術科学大学)
キーワード : 漏れインダクタンス|中性点|アクティブパワーデカップリング|零相|Leakage inductance|Neutral point|Active power decoupling|Zero-sequence
モータ漏れインダクタンスを用いたアクティブパワーデカップリング法が提案されているが,制御理論とバッファコンデンサの設計については明らかにされていない。そこで,本稿では制御理論を設計するとともに,バッファコンデンサの設計方 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 83-88
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
17.オンボードチャージャー向けEMIフィルタの高性能化に関する検討
A study on Improving the Performance of EMI Filters for On Board Chargers
論文No: MD24080,RM24049,VT24017 ページ数: 5 日付: 2024/07/08
著者: 上田 ゆり(名古屋工業大学),北原 和輝(名古屋工業大学),松盛 裕明(名古屋工業大学),小坂 卓(名古屋工業大学),永吉 謙一(豊田自動織機),渡辺 健一(豊田自動織機)
キーワード : EMIフィルタ|コモンモードチョークコイル|寄生キャパシタンス|EMI Filter|CM Choke Coil|Parasitic Capacitance
本論文ではEV/PHEV用の車載充電器(オンボードチャージャー)に使用するEMIフィルタのCMチョークについて寄生キャパシタンス成分を等価回路的にキャンセルすることによってEMIフィルタにおける高周波領域の減衰特性を向上 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 89-93
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
18.モータ巻線故障時のトルクリップルを抑制する逆相電流重畳法のフィードバック系に関する基礎検討
Basic Study on Feedback System of Reverse-Phase Current Superimposition Method to Reduce Torque Ripple under Motor Winding Fault Situation
論文No: MD24081,RM24050,VT24018 ページ数: 4 日付: 2024/07/08
著者: 高橋 颯汰(長岡技術科学大学),日高 勇気(長岡技術科学大学)
キーワード : 多相モータ|逆相電流重畳|耐故障制御|トルクリップル|フィードバック|multi-phase motor|reverse-phase current superimposition|fault-tolerant control|torque ripple|feedback
本論文では、モータ巻線故障時に用いる逆相電流重畳法について、フィードバック系に関する基礎検討を行う。著者らはこれまでに、逆相電流の抑制によって故障時のトルクリップルを抑制する逆相電流重畳法を考案し、数値解析・実機検証によ ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 95-98
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
19.航空機向け大電力発電機システム制御手法の一検討
A Study on the Control Method of High-Power Generator Systems for Aircraft.
論文No: MD24082,RM24051,VT24019 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 桂 健志郎(IHI),矢崎 怜志(IHI),野武 幸輝(IHI),久持 裕史(IHI),三井 晃司(IHI)
キーワード : 航空機向け発電機システム|MW級発電機|PWMコンバータ|高速・大電流駆動|Generator systems for aircraft|MW-class generator|PWM converter|High-speed and high-current drive
航空機搭載を想定したMW級発電機システム向けの電力変換器の開発に期待が寄せられている。航空機向け発電機システムでは冗長性と小型化を両立させることが求められるため、二重三相巻き線モータの採用が検討されている。一方、このモー ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 99-104
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
20.整流器統合型デュアルインバータで駆動するオープン巻線PMSMの非干渉制御法
Decounpling Control for Open-End Winding PMSM Driven by Dual Inverter with Integrated Rectifier
論文No: MD24083,RM24052,VT24020 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 櫻井 大樹(静岡大学),芳賀 仁(静岡大学)
キーワード : デュアルインバータ|オープン巻線モータ|零相電流|非干渉制御|dual inverter|open-end winding machine|zero-sequence current|decoupling control
本論文では,単相交流電源で駆動するデュアルインバータを用いたオープン巻線PMSMの非干渉制御法を提案する。整流器統合型デュアルインバータでは,電源電流制御とモータ電流制御が干渉し,電源角周波数に応じた零相電流を発生させる ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 105-110
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
21.二重三相巻線モータの回転数制御における 相電流センサ失陥時の故障対策制御の実験評価
Experimental Evaluation of Fault Countermeasure Control in the Failure of the Phase Current Sensor in Rotation Speed Control of a Double Three-Phase Winding Motor
論文No: MD24084,RM24053,VT24021 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 五味 将大(東京電機大学),吉本 貫太郎(東京電機大学),近藤 圭一郎(早稲田大学),菅原 寛生(IHI株式会社),桂 健志郎(IHI株式会社),野武 幸輝(IHI株式会社),梅木 康由(IHI株式会社)
キーワード : 二重三相PMSM|電流センサ故障|冗長制御|ダブルインバータ|二重三相巻線|double three-phase PMSM|current sensor fault|fault-tolerant control|double inverter|double three-phase winding
本論文では,2台のインバータとコントローラを用いた冗長性のある二重三相モータにおける失陥時の検知と切替,その速度制御方法を提案する.故障モードの一つとして相電流センサの故障を模擬し,故障側のコントローラの検知とPWMを停 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 111-116
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
22.二重三相PMSMを用いた三相電解コンデンサレスインバータの高調波電流抑制法
Harmonic Current Suppression Method for Three-Phase Input Electrolytic Capacitor-Less Inverter Fed Double-Star PMSM
論文No: MD24085,RM24054,VT24022 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 添田 拓巳(長岡技術科学大学),芳賀 仁(静岡大学)
キーワード : 電解コンデンサレスインバータ|高調波電流抑制|二重三相PMSM|Electrolytic Capacitor-Less Inverter|Harmonic Current Suppression Method|Double-Star PMSM
電解コンデンサレスモータドライブシステムは,直流部にエネルギーバッファを持たないため,回路の入力電力とモータに送られる電力が一致する。モータの空間高調波は,モータの電流制御に対して外乱として表われ,電力を歪ませる。交流側 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 117-122
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
23.二慣性共振系の共振周波数より高い周波数領域でのばね定数とねじれ摩擦の同時同定(第二報)
Simultaneous Identification of Spring Constant and Torsional Friction in the Frequency Region Higher than the Resonance Frequency of a Two-Inertia Resonance System(Second Report)
論文No: MD24086,RM24055,VT24023 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 矢田 哲也(長岡技術科学大学),宮崎 敏昌(長岡技術科学大学),Juan Padron(長岡技術科学大学),北条 善久(東洋電機製造)
キーワード : パラメータ同定|二慣性共振系|ばね定数|ねじれ摩擦|Parameter identification|Two-inertia resonance system|Spring constant |Torsional damper
多慣性共振系において、適切なモデル化を行うためには正確なパラメータの取得が重要となる。筆者らは、これまでに二慣性共振系の共振周波数より高い周波数領域でのばね定数とねじれ摩擦を同時に同定する手法を提案した。本研究では、提案 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 123-128
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
24.異常模擬モータを用いた永久磁石同期モータにおける相内短絡現象による制御系への影響に関する実験的検証
Experimental Verification of the Influence of Short Circuit Phenomenon in the Control System of a Permanent Magnet Synchronous Motor Using an Abnormally Simulated Motor
論文No: MD24087,RM24056,VT24024 ページ数: 5 日付: 2024/07/08
著者: 鍋島 隆太郎(立命館大学),知場 大聖(立命館大学),清水 悠生(立命館大学),秋吉 雅夫(IHI),菅原 寛生(IHI),小林 敏和(IHI),川畑 良尚(立命館大学)
キーワード : 永久磁石同期モータ|相内短絡|異常模擬モータ|電圧方程式|PMSM|short-circuit phenomenon|abnormally simulated motor|voltage equation
近年,航空機の電動化が盛んに推進されており,永久磁石同期モータを搭載した動力システムが開発されている。航空機では非常に高い安全性が求められ,故障現象の解析が重要になってくる。そこで本研究では相内短絡現象が制御系へ与える影 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 129-133
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
25.小出力モータベンチを用いた電気自動車のモード走行評価のモデル構築方法
Model Building Method for Mode Driving Evaluation of Electric Vehicles Using Small Power Motor Bench
論文No: MD24088,RM24057,VT24025 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 板垣 未希也(東京電機大学),吉本 貫太郎(東京電機大学)
キーワード : 電気自動車|ハイブリッド電気自動車|走行サイクル|慣性シミュレータ|ドライバモデル|Electric vehicle|Hybrid electric vehicle|Driving cycle|Inertia simulator|Driver model
電気自動車向けモータ駆動システムの研究初期段階では、小出力モータやインバータを用いた評価を行うことがあるが、モード走行での評価をする場合、小出力モータの仕様に適した仮想車両モデルのパラメータを用いたモデルと、モード走行用 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 135-140
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
26.分割コアと非磁性くさびを用いた省磁石IPMモータの数値検証
Numerical Verification of Magnet-reduced IPM Motor with Split Core and Non-Magnetic Wedge
論文No: MD24089,RM24058,VT24026 ページ数: 4 日付: 2024/07/08
著者: 鵜澤 匠宏(長岡技術科学大学),日高 勇気(長岡技術科学大学)
キーワード : IPMモータ|分割コア|非磁性くさび|省磁石化|IPM motor|split core|non-magnetic wedge|magnet reduction
本稿では,IPMモータの磁石量を削減するための新ロータ構造を提案する。提案構造では,内外径で分割されたロータコアと非磁性くさびを用いて,漏洩磁束を発生させる支持ブリッジを排除する。その有効性を検証するため,数値解析を用い ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 141-144
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
27.電動化開発における モデルベースデザイン活用事例
Electric motor development with Model based development
論文No: MD24090,RM24059,VT24027 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 大村 直輝(IHI),仲沢 龍翔(IHI),上野 智裕(IHI),赤松 陽介(IHI),田中 隆太(IHI)
キーワード : 電動モータ|モデルベースデザイン|トポロジ最適化|Electric motor|Model based development|Topology Optimization
電動化製品開発におけるMBD(モデルベースデザイン)を用いた開発事例やモータトポロジ最適化について紹介する
サイズ:A4 掲載ページ: 145-150
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
28.電気自動車用主機に電食を発生させる軸受電圧の予測
Prediction of Bearing Voltage Generating Electrolytic Corrosion in Traction Motors for Electric Vehicles
論文No: MD24091,RM24060,VT24028 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 木村 玄(日本精工),北村 英樹(日本精工),五十嵐 洋一(日本精工)
キーワード : 電気自動車|軸受|電圧|電食|等価回路|実測|EV|bearing|voltage|electrolytic corrosion |equivalent circuit |measurement
近年、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)の台数急増、及び高出力化と高電圧化が著しく、同時に軸受に発生する電食が問題視されている。そのため、電食の発生に影響する軸受電圧を正確に予測する必要がある。本稿では、EV用 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 151-156
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
29.空気清浄機用アキシャルギャップ型ファンモータ開発
Developed of axial-gap fan motor for air purifiers
論文No: MD24092,RM24061,VT24029 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 高山 佳典(ダイキン工業),石丸 純(ダイキン工業),土山 幸平(ダイキン工業),野口 道臣(ダイキン工業)
キーワード :
ファンモータのさらなる薄型化、高出力化を実現する為、ダイキンとして初めてアキシャルギャップ型のフラットDCモータ(FDM)を開発。FDM採用により風周りレイアウトを刷新し、大風量・静音・省スペースを実現可能な新たなフ ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 157-162
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
30.50,000 r/min,8極永久磁石モータ用分布巻アルミニウム巻線の設計及びモータレット試験
Design and Motorette Test of Distributed Aluminum Winding for 50,000 r/min, Eight-pole Permanent Magnet Machine
論文No: MD24093,RM24062,VT24030 ページ数: 6 日付: 2024/07/08
著者: 山田 裕斗(東京電機大学),海老沼 純(東京電機大学),杉元 紘也(東京電機大学)
キーワード : 巻線交流損|アルミニウム巻線|永久磁石モータ|高速モータ|高スロット巻線占積率|Winding AC loss|aluminum winding|permanent magnet machine|high speed machine|high slot fill factor
アルミニウム巻線は,スロット巻線占積率を向上させることで巻線抵抗を低減し,モータの高効率化および軽量化に有効である。一方,スロット巻線占積率の向上により漏れ磁束が鎖交する断面積が大きくなり,高周波数領域での巻線交流損の増 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 163-168
本誌: 2024年7月11日-2024年7月12日モータドライブ/回転機/自動車合同研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
PDF この条件でBOOK検索 対象:PDF 表示件数: 形式:
HOMEに戻る
検索結果 全47,795 件 Page: [1][2][3][4][5]・・・[1594]

運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.