HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このままお進みください。
*ご利用について
書籍とPDFを一緒に購入することはできません。お手数ですが、それぞれご購入いただきますようお願いいたします。
PDFダウンロード
ライセンスキーを
紛失された方はこちら
・印刷冊子・書籍(Book)をご購入される場合は、商品代金に別途配送料がかかります。配送料はクロネコDM便が185円、ゆうパックが515円(いずれも税込)です。
・印刷冊子・書籍(Book)の納期はお支払い方法によって異なります。詳しくはお支払い方法についてをごらんください。
・PDF商品はカード決済のみとなります。注文完了後30分以内にダウンロード手順を説明したメールを送信します。
・電子図書館で販売している技術報告・書籍は,電気学会の事務局で直接販売しておりませんのでご了承下さい。
当サイトではJavaScript・Cookieを使用しております。ご利用の際にはブラウザ設定でJavaScript・Cookieを有効にしてください。

電気学会HPへ


技術報告 書籍
論文誌(号単位) 論文誌(論文単位)
西暦 月〜 西暦
[クリア]
この条件でPDF検索 BOOK 対象:Book 表示件数: 形式:
HOMEに戻る
Reference : 【C】、発行日(降順)
検索結果 全2,037 件 Page: [1][2][3][4][5]・・・[68]
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
1.低容量化カオスニューロンモデルの出力電圧に対する検討
A Study on Output Voltage of a Chaotic Neuron Model with Low Capacity
論文No: ページ数: 8 日付: 2018/07/01
著者: 佐々木 芳樹(日本大学理工学部),佐伯 勝敏(日本大学理工学部/日本大学大学院理工学研究科)
キーワード : CMOS,カオス,非線形電子回路,パルス形ハードウェアニューロンモデル,低容量  CMOS,Chaos,Nonlinear Electronics Circuit,Pulse-type Hardware Neuron Model,Low Capacitance Value
In recent years, a number of studies of neural networks have been conducted with the purpose of applying engineering to the brain. Previously, we proposed a pulse-type hardware chaotic neuron model with low capacity. How ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 766-773
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
2.多値光伝送歪み補償に用いる小面積アナログFIRフィルタ
Area-Efficient Analog FIR Filter for Multi-Level Optical Transmission
論文No: ページ数: 9 日付: 2018/07/01
著者: 渡辺 正之助(明治大学大学院 理工学研究科),関根 かをり(明治大学 理工学部),和田 和千(明治大学 理工学部),大脇 翔太郎(明治大学大学院 理工学研究科),中村 守里也(明治大学 理工学部)
キーワード : アナログFIRフィルタ,ギルバートセル,CMOSインバータ,光ファイバ通信,28 nm FDSOI,多値  analog FIR filter,gilbert cell,CMOS inverter,optical transmission,28 nm FDSOI,multi-level
The transmission of waveforms through optical fiber usually results in some waveform distortion. To smoothen this distortion, digital finite-impulse response (FIR) filters are commonly employed. Digital FIR filters requi ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 774-782
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
3.Contactless Blood Pressure Assessment by Facial Visible Image Analysis
Contactless Blood Pressure Assessment by Facial Visible Image Analysis
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/07/01
著者: Kosuke Oiwa (College of Science and Engineering, Aoyama Gakuin University), Shizuka Bando (College of Science and Engineering, Aoyama Gakuin University), Akio Nozawa (College of Science and Engineering, Aoyama Gakuin University)
キーワード : Facial Visible Image,Image Processing,Noncontact Measurement,Photoplethysmograph,Vital Signs
Hypertension is one of the leading risk factors for cerebrovascular, cardiovascular, and chronic kidney diseases. Regular measurement and monitoring of blood pressure is important to decrease or prevent pathogenesis of d ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 783-789
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
4.時間分解分光法によるヘモグロビン濃度の推定とBOLD信号との定量的比較
A Quantitative Comparison of Hemoglobin Concentration and BOLD Signal using Time-Resolved Near-Infrared Spectroscopy
論文No: ページ数: 9 日付: 2018/07/01
著者: 庭野 恭彰(東京大学大学院 工学系研究科),赤尾 旭彦(東京大学大学院 工学系研究科),四本 裕子(東京大学大学院 総合文化研究科),神保 泰彦(東京大学大学院 工学系研究科),小谷 潔(東京大学大学院 工学系研究科/東京大学先端科学技術研究センター/独立行政法人科学技術振興機構 さきがけ)
キーワード : 時間分解分光法,機能的磁気共鳴画像法,ワーキングメモリ  time-resolved spectroscopy,functional magnetic resonance imaging,working memory
Time-Resolved Near-Infrared Spectroscopy (TR-NIRS) is a method of analyzing the time response of the reflected light using a light diffusion equation, and enables us to measure the hemoglobin (Hb) absolute concentration, ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 790-798
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
5.MRI用開口型磁気シールドルームの検討
Study of Open-Type Magnetically Shielded Room for MRI
論文No: ページ数: 6 日付: 2018/07/01
著者: 鎌田 清孝(鹿児島工業高等専門学校 電子制御工学科),玉利 陽三(鹿児島工業高等専門学校 情報工学科),天磨 智(鹿児島工業高等専門学校 機械・電子システム工学専攻),後藤 巧志(鹿児島工業高等専門学校 機械・電子システム工学専攻),湯ノ口 万友(鹿児島大学)
キーワード : 開口型磁気シールド,磁性体角筒,磁性体板,格子形状,アメニティ向上,三次元磁界解析  open-type magnetically shielded room,square cylinder made by magnetic material,magnetic material plate,lattice shape,amenity improvement,3D magnetic field analysis
The magnetic resonance imaging (MRI) is usually installed in a magnetically shielded room (MSR), in order to reduce the leakage flux density to less than 0.5 mT outside the room. The small space enclosed by the wall caus ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 799-804
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
6.Emotional Arousal by Feedback for Selfies: A Pilot Study
Emotional Arousal by Feedback for Selfies: A Pilot Study
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/07/01
著者: Genki Kato (Aoyama Gakuin University), Kosuke Oiwa (Aoyama Gakuin University), Tatsuya Iwaki (Hiroshima International University), Tomoharu Ishikawa (Utsunomiya University), Akio Nozawa (Aoyama Gakuin University)
キーワード : selfies,emotional arousal,feedback,impression evaluation of selfies
Selfies may have an effect on the psychophysiological state. The objective of the present study was to evaluate the psychophysiological state by providing feedback for selfies. The effect of the time period was also inve ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 805-811
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
7.Evaluation of Variations in Autonomic Nervous System's Activity During the Day Based on Facial Thermal Images Using Independent Component Analysis
Evaluation of Variations in Autonomic Nervous System's Activity During the Day Based on Facial Thermal Images Using Independent Component Analysis
論文No: ページ数: 10 日付: 2018/07/01
著者: Hiroki Ito (Graduate School of Science and Engineering, Aoyama Gakuin University), Shizuka Bando (Graduate School of Science and Engineering, Aoyama Gakuin University), Kosuke Oiwa (Graduate School of Science and Engineering, Aoyama Gakuin University), Ak
キーワード : day-long variation,autonomic nervous activity,facial thermal image,axillary temperature,heart rate variability,independent component analysis
An imbalance of the circadian rhythm due to an irregular lifestyle leads to autonomic dystonia. The long-hour variations of the physiological indices such as core temperature and heart rate variability, associated with t ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 812-821
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
8.定量的な光刺激による一次視覚野のα波の応答評価
Response of Alpha Wave in Visual Cortex with Quantitative Light Stimulus
論文No: ページ数: 6 日付: 2018/07/01
著者: 小林 由弥(東京大学工学系研究科),庭野 恭彰(東京大学工学系研究科),田中 敬(東京大学工学部),赤尾 旭彦(東京大学工学系研究科),小谷 潔(東京大学工学系研究科/東京大学先端科学技術研究センター/JSTさきがけ),神保 泰彦(東京大学工学系研究科)
キーワード : 脳波,α波,視覚野,光刺激,振動現象  EEG,alpha waves,visual cortex,light stimulus,oscillatory phenomena
Electroencephalogram (EEG) is generated by collective activity of neural population. In those waves, low frequency waves, called alpha waves (8-12[Hz]), are often observed in visual cortex, and the relationship between s ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 822-827
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
9.舌骨上筋群の筋電信号に基づくCNNを用いた舌動作と黙声母音の推定
Estimation of Tongue Motion and Vowels of Silent Speech Based on EMG from Suprahyoid Muscles using CNN
論文No: ページ数: 10 日付: 2018/07/01
著者: 渡邉 大生(神戸市立工業高等専門学校),尾山 匡浩(神戸市立工業高等専門学校),福見 稔(徳島大学)
キーワード : 筋電,舌骨上筋群,黙声母音,舌動作,畳み込みニューラルネットワーク  electromyogram,suprahyoid muscles,vowels of silent speech,tongue motion,convolutional neural network
In this paper, we propose a method to estimate the tongue motion direction and silent speech based on convolutional neural network (CNN) using the surface electromyogram (EMG) from the suprahyoid muscles. Conventional hu ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 828-837
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
10.LPVシステムにおけるインセンティブシュタッケルベルグ戦略
Incentive Stackelberg Strategies for LPV Systems
論文No: ページ数: 8 日付: 2018/07/01
著者: 川上 恭平(広島大学 大学院工学研究科),向谷 博明(広島大学 大学院工学研究科),相良 宗臣(熊本県立大学 総合管理学部)
キーワード : LPVシステム,シュタッケルベルグ戦略,線形行列不等式,カルーシュ・クーン・タッカー(KKT)条件  LPV system,stackelberg strategy,LMI,Karush-Kuhn-Tucker (KKT) condition
Incentive Stackelberg strategy for linear parameter varying (LPV) systems with multiple decision makers is investigated. The linear quadratic control (LQC) for the LPV systems are reformulated by means of matrix inequali ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 838-845
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
11.一般化最小分散制御系の制御則極と故障時定常ゲインの数式表現
Mathematical Expressions of Controller Poles and Steady Gain of Generalized Minimum Variance Control System
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/07/01
著者: 吉永 慎一(国立高等専門学校機構 香川高専),逸見 知弘(国立高等専門学校機構 香川高専),井上 昭(岡山大学),矢納 陽(川崎医療福祉大学),ケ 明聡(東京農工大学)
キーワード : 耐故障制御,閉ループ極,制御則極,定常ゲイン,数式処理ソフト  fault tolerant control,closed-loop pole,controller pole,steady state gain,symbolic processing software
This paper gives mathematical expressions of three control specifications of an extended generalized minimum variance control(GMVC). The specifications are (1) the closed-loop poles including cancelled poles, (2) control ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 846-852
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
12.SLICを用いた教師無し抽出物体の画像検索
Object Image Retrieval Based on Unsupervised SLIC
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/07/01
著者: 二敷 拓人(東京電機大学大学院工学研究科電気電子工学専攻),和田 成夫(東京電機大学大学院工学研究科電気電子工学専攻)
キーワード : 物体抽出,画像特徴,物体画像検索  object extraction,image feature,object-based image retrieval
In this paper, an object image retrieval method based on unsupervised SLIC is proposed. To represent the object in background, local texture feature as well as global edge and color features are extracted from the extrac ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 853-859
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
13.解空間の上位構造と多様化・集中化に基づく多点探索型組合せ最適化手法
Higher Structure Solution Space Based Multi-point Combinatorial Optimization Method with Diversification and Intensification Strategy
論文No: ページ数: 10 日付: 2018/07/01
著者: 橋本 雅俊(首都大学東京),田村 健一(首都大学東京),土屋 淳一(首都大学東京),安田 恵一郎(首都大学東京)
キーワード : 組合せ最適化,メタヒューリスティクス,集中化,多様化,Local Search  Combinatorial Optimization,Metaheuristics,Intensification,Diversification,Local Search
This paper proposes a multi-point combinatorial optimization method based on not only higher structure solution space but also diversification and intensification strategy. The higher structure solution space is interpre ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 860-869
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
14.情報セキュリティ監査支援のためのベイズ推定を用いたリスク用語提示方式
Risk Words Suggestion for Information Security Audit by Bayesian Inference
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/07/01
著者: 佐藤 直樹(大阪医科薬科大学),鮫島 正樹(大阪大学 大学院情報科学研究科)
キーワード : 情報セキュリティ監査,ベイズ推定,テキストマイニング  Information Security Audit,Bayesian Inference,Text Mining
We present risk word suggestion for enabling an auditor to identify potential risks based on words of identified risks in an audit report. Once the auditor describes the identified risks in the report, words related to t ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 870-876
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
15.学部3年通年必修PBL型授業の実践と分析
Practice and Analysis of PBL Class for 3rd Grade Undergraduate Students
論文No: ページ数: 9 日付: 2018/07/01
著者: 中村 一博(日本工業大学),加藤 利康(日本工業大学),勝間田 仁(日本工業大学),高瀬 浩史(日本工業大学),丹羽 次郎(日本工業大学)
キーワード : プロジェクト・ベースド・ラーニング(PBL),プロジェクトの適合度,教育設計,FD,テキストマイニング  project-based learning,project matching,instructional design,faculty development,text mining
This paper presents a practice of project-based learning (PBL) class for 3rd grade undergraduate students at Nippon Institute of Technology. The paper also presents text analysis based on student activity reports for imp ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 877-885
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
16.正規化配分法とHough変換をAHPの代替案評価に利用した商品推薦システムの開発
Development of Product Recommendation System with AHP according to alternatives' evaluation with Normalization allocation and Hough conversion
論文No: ページ数: 13 日付: 2018/07/01
著者: 湯本 真樹(近畿大学理工学部電気電子工学科)
キーワード : 商品推薦,正規化配布法,Hough変換,AHP(階層分析法),代替案  product recommendation,normalization allocation,Hough conversion,AHP (Analytic Hierarchy Process),alternatives
AHP (Analytic Hierarchy Process) is an effective method for product recommendation, because each evaluation criteria are evaluated for target objective, and each alternative are evaluated for each evaluation criteria. Th ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 886-898
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
17.メッシュレス法による歯科触診訓練用仮想患者モデルの構築
Development of Virtual Patient Model for Maxillofacial Palpation Training using Meshless Method
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/07/01
著者: 徳安 達士(福岡工業大学),丸山 翼(福岡工業大学),山本 貴弘(福岡工業大学),利光 和彦(福岡工業大学),岡村 和俊(九州大学),吉浦 一紀(九州大学)
キーワード : 歯学教育,VRシステム,触診訓練,メッシュレス法  dental education,virtual reality system,palpation training,meshless method
For dental therapy, a dentist often touches a patient face in order to identify the causes of pains such as a tumor and/or cancer. Although the importance of maxillofacial palpation has been recognized, practical trainin ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 899-905
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
18.Cole-Cole Plotを用いたエゾシカ肉の評価
Evaluation of Ezoshika Meat by Using Cole-Cole Plot
論文No: ページ数: 2 日付: 2018/07/01
著者: 武山 真弓(北見工業大学工学部),佐藤 勝(北見工業大学工学部),安井 崇(北見工業大学工学部)
キーワード : 生体電気インピーダンス,エゾシカ肉,LCRメータ,Cole-Coleプロット  bioelectrical impedance analysis,Ezoshika meat,LCR meter,Cole-Cole plot
In this study, we examine properties of Ezoshika meat by bioelectrical impedance analysis (BIA) using LCR meter to estimate the freshness and aging of the meat. As a result, it is revealed that BIA measurement which is a ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 906-907
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥324 一般価格(税込)¥540 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
19.振動子の位相情報を用いた歩行支援動作のタイミング決定に関する検討
Consideration on Timing Decision of Walking Assistance Based on Phase of Oscillator
論文No: ページ数: 2 日付: 2018/07/01
著者: 中村 幸紀(岡山大学大学院),真鍋 友希(岡山大学大学院),平田 健太郎(岡山大学大学院),岡野 訓尚(岡山大学大学院)
キーワード : 歩行支援,振動子,周期運動  walking assistance,oscillator,periodic motion
This study considers the timing of human walking assistance. In the proposed method, the measurement data of knee angle is converted into the phase of oscillation model. The proper assist timing is determined in accordan ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 908-909
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥324 一般価格(税込)¥540 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
20.データベース駆動型制御アプローチに基づく車両ドライバモデルの構築
Design of a Vehicle Driver Model based on Database-Driven Control Approach
論文No: ページ数: 2 日付: 2018/07/01
著者: 山内 優(広島大学),木下 拓矢(広島大学),脇谷 伸(広島大学),山本 透(広島大学),宮腰 穂(マツダ(株)),原田 真悟(マツダ(株)),矢野 康英(マツダ(株))
キーワード : データ駆動型制御,PID制御,FRIT,オフライン学習,ドライバーモデル,車両モデル  Data-driven control,PID control,FRIT,offline learning,driver model,vehicle model
In motor vehicle industries, motor vehicle simulators have played important roles to develop products safely and quickly. A driver model in a simulator is required to make the vehicle speed track the reference speed in o ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 910-911
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥324 一般価格(税込)¥540 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
21.QoSの確保と領域指定した輻輳改善を行うトラフィックエンジニアリング方式
Metric-base Traffic Engineering with Limited Area for TE Considering QoS Characteristics
論文No: ページ数: 9 日付: 2018/07/01
著者: 橋本 仁(秋田大学大学院理工学研究科),小山 晋佑(秋田大学大学院理工学研究科),船木 貴洋(秋田大学大学院理工学研究科),内海 富博(秋田大学大学院理工学研究科)
キーワード : IPルーティング,トラフィックエンジニアリング,最短経路,サービス品質,線形計画法  IP Routing,Traffic Engineering,Shortest Path,Quality of Service,Linear Programming
We propose traffic engineering which exists together with metric base QoS routing. In shortest paths routing, particular several links tends to be congested. TE in our proposal is adopted only to the specified area, TE a ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 912-920
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
22.ステップドFM-UWBセンサによる心拍推定
Proposal of Heart Rate Estimation Method Using Stepped FM-UWB Sensor
論文No: ページ数: 6 日付: 2018/07/01
著者: 魚本 雄太(北九州市立大学大学院国際環境工学研究科),梶原 昭博(北九州市立大学大学院国際環境工学研究科)
キーワード : ステップドFM-UWB電波センサ,周波数解析,心拍推定,体位変動  stepped FM-UWB sensor,frequency analysis,heart rate estimation,body movement
A non-contact heartbeat monitoring sensor using stepped-FM UWB scheme is suggested which is robust to body movement. The biological signal can be obtained from periodic chest movement consisting of the heartbeat and resp ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 921-926
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
23.三次元ビジョンセンサを用いた人物検出と呼吸推定
Person Detection and Breath Estimation Using 3D Vision Sensor
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/07/01
著者: 磯本 佳助(鳥取大学大学院持続性社会創生科学研究科),櫛田 大輔(鳥取大学大学院工学研究科(クロス情報科学研究センター))
キーワード : 睡眠時無呼吸症候群,非接触・非拘束,Kinect,FFT,背景差分法  sleep apnea syndrome,non-contact/unconstrained,Kinect,FFT,background subtraction method
Sleep apnea syndrome (SAS: Sleep Apnea Syndrome) is well-known as a disease that falls into intermittent apnea when sleeping. The estimated number of patients with SAS is known to be about 2% (2-3 million) of the Japanes ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 927-933
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
24.多重SSCF-IIR適応ノッチフィルタ
A Cascaded SSCF-IIR Adaptive Notch Filter
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/07/01
著者: 小林 正樹(中部大学大学院 工学研究科),笹岡 直人(鳥取大学大学院 工学研究科),衣笠 保智(松江工業高等専門学校),塩貝 一樹(新居浜工業高等専門学校),伊藤 良生(鳥取大学大学院 工学研究科)
キーワード : 信号処理,ノッチフィルタ,周期信号,適応フィルタ,SSCFアルゴリズム  signal processing,notch filter,periodic signal,adaptive filter,SSCF algorithm
IIR adaptive notch filter (ANF) with allpass filter has many advantages such as reduction in filter order and realization of flat in-band characteristics compared to ANF using adaptive transversal filter. However, the re ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 934-940
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
25.未探索領域を拡大する未探索冒険型Q-learningによる準最短経路獲得
Discovering Semi Shortest Path using Adventurous Q-learning to Expand Unknown Search Regions
論文No: ページ数: 9 日付: 2018/07/01
著者: 河原崎 俊之祐(神奈川大学 工学研究科 経営工学専攻),瀬古沢 照治(神奈川大学 工学部 情報システム創成学科)
キーワード : 機械学習,強化学習,Q学習,行動選択,行動履歴  machine learning,reinforcement learning,Q-learning,action select,action history
Q-learning methods evaluate and update action values using information on rewards obtained. Since the Q value can not be updated until the learning succeeds and the reward is obtained, there is no index for learning, whi ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 941-949
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
26.音声分析を用いたVDT作業時の疲労測定法の基礎的検討
Fundamental Study on Fatigue Measurement in VDT Work from Speech Analysis
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/07/01
著者: 松村 寿枝(奈良工業高等専門学校),河村 絵美(奈良工業高等専門学校),小坂 洋明(奈良工業高等専門学校),橋本 英樹((株)プロアシスト),香川 敏也((株)プロアシスト),吉村 宏紀(鳥取大学大学院工学研究科),清水 忠昭(鳥取大学大学院工学研究科)
キーワード : 音声,疲労,音声分析,疲労測定指標,VDT作業  speech,fatigue,speech analysis,fatigue measurement index,VDT work
We aimed at developing a simple fatigue measurement system, so far the influence of the noise under laboratory environment is small, and the experimenter side who uses a simulator. We have been studying fatigue measureme ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 950-956
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
27.水平・垂直畳み込みニューラルネットワークを用いた超解像
Super-Resolution with Horizontal and Vertical Convolutional Neural Networks
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/07/01
著者: 加藤 裕(神戸大学大学院工学研究科電気電子工学専攻),大谷 真也(神戸大学大学院工学研究科電気電子工学専攻),黒木 修隆(神戸大学大学院工学研究科電気電子工学専攻),廣瀬 哲也(神戸大学大学院工学研究科電気電子工学専攻),沼 昌宏(神戸大学大学院工学研究科電気電子工学専攻)
キーワード : 超解像,画像強調,畳み込みニューラルネットワーク,深層学習  super-resolution,resolution enhancement,convolutional neural networks,deep learning
This paper proposes an image super-resolution technique with convolutional neural networks using horizontal and vertical filters. In the proposed method, calculation costs become small because square filters at a hidden ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 957-963
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
28.電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.7 (2018)特集:平成29年電子・情報・システム部門大会
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems Vol.138 No.7 (2018)Special Issue on “2017 Annual Conference of Electronics, Information and Systems Society, I.E.E. of Japan”
論文No: ページ数: 203 日付: 2018/07/01
著者:
キーワード :
・低容量化カオスニューロンモデルの出力電圧に対する検討:佐々木 芳樹,佐伯 勝敏・多値光伝送歪み補償に用いる小面積アナログFIRフィルタ:渡辺 正之助,関根 かをり,和田 和千,大脇 翔太郎,中村 守里也・Conta ... more
サイズ:A4 掲載ページ:
会員価格(税込)¥1,728 一般価格(税込)¥2,160 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
29.ALS患者における意思伝達支援装置の入力時間改善
Improvement of Input Time for Communication Aid on ALS Patients
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/06/01
著者: 北村 翔太(工学院大学大学院 工学研究科 情報学専攻),田中 久弥(工学院大学大学院 工学研究科 情報学専攻)
キーワード : BCI,P300,筋萎縮性側索硬化症,意思伝達支援装置,入力時間  BCI,P300,ALS,communication aid,input time
We are studying with the aim of practical application of spelling type brain-computer interface (BCI) as intention transmission means of amyotrophic lateral sclerosis (ALS). There is a problem that the character input ti ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 641-647
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.6 (2018) 特集:臨床・介護モニタリング研究の新展開
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この商品は表紙がつきません。本文のみ中綴じホチキス止めでお届けします。
30.外耳装着型センサを用いた咬合力推定のための基礎検討
A Basic Study for Estimation of Occlusal Force using an Ear Wearable Sensor
論文No: ページ数: 7 日付: 2018/06/01
著者: 谷口 和弘(広島市立大学大学院 情報科学研究科),黒澤 真美(信州大学大学院 総合工学系研究科),木村 穣(関西医科大学 健康科学センター),西川 敦(信州大学 繊維学部)
キーワード : 咬合力,外耳道,ウェアラブル機器,光学式計測  occlusal force,ear canal,wearable device,optical measurement
We aim to develop earphone type wearable devices for measuring occlusal force. In this paper, we investigated the correlation between occlusal force and the movement of the ear canal as a basic study to estimate the occl ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 648-654
本誌: 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.138 No.6 (2018) 特集:臨床・介護モニタリング研究の新展開
会員価格(税込)¥540 一般価格(税込)¥756 カートに入れる
この条件でPDF検索 BOOK 対象:Book 表示件数: 形式:
HOMEに戻る
Reference : 【C】、発行日(降順)
検索結果 全2,037 件 Page: [1][2][3][4][5]・・・[68]

運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.