HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このままお進みください。
*JEC規格類の電子版について
主に高校・大学等の教員・学生等向けアカデミック価格があります。 アカデミック価格による購入希望の方は, 大学等のドメインのメールより標準化推進室(iec@iee.or.jp)へお問い合わせください。
*ご利用について
書籍とPDFを一緒に購入することはできません。お手数ですが、それぞれご購入いただきますようお願いいたします。
PDFダウンロード
ライセンスキーを
紛失された方はこちら
・印刷冊子・書籍(Book)をご購入される場合は、商品代金に別途配送料がかかります。配送料はネコポスが290円、宅急便が779円(いずれも税込)です。
・印刷冊子・書籍(Book)の納期はお支払い方法によって異なります。詳しくはお支払い方法についてをごらんください。
・PDF商品はカード決済のみとなります。注文完了後30分以内にダウンロード手順を説明したメールを送信します。
・電子図書館で販売している技術報告・書籍は,電気学会の事務局で直接販売しておりませんのでご了承下さい。
当サイトではJavaScript・Cookieを使用しております。ご利用の際にはブラウザ設定でJavaScript・Cookieを有効にしてください。

電気学会HPへ


技術報告 書籍 論文誌(号単位)
論文誌(論文単位) 研究会(冊子単位) 研究会(論文単位)
全国大会 部門大会 国際会議
JEC規格/TR

西暦 月〜 西暦
[クリア]
PDF この条件でBOOK検索 対象:PDF 表示件数: 形式:
HOMEに戻る
検索結果 全123,553 件 Page: [1][2][3][4][5]・・・[4119]
1.船舶用レーダで観測したウェザークラッタの抑圧と航空機の検出
Detection of Aircraft and Suppression of Weather Clutter Observed by a Marine Radar
論文No: IM24017 ページ数: 6 日付: 2024/06/18
著者: 石井 誠四郎(元防衛大学校),佐山 周次(防衛大学校)
キーワード :
Xバンド船舶用レーダを用いてウェザークラッタの中を飛行する異なる大きさの航空機を観測した。ワイブルCFAR処理によってウェザークラッタを抑圧しターゲットを検出した。
サイズ:A4 掲載ページ: 1-6
本誌: 2024年6月21日計測研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
2.ターゲットを含むシークラッタの部分的最大尤度法による解析
Analysis of Sea Clutter Containing a Target Using Partial Maximum Likelihood Principle
論文No: IM24018 ページ数: 6 日付: 2024/06/18
著者: 佐山 周次(防衛大学校)
キーワード :
Sバンドレーダを用いて船舶を含むシークラッタを観測した。観測データの分布推定をするために最大尤度法をシークラッタに適用した。
サイズ:A4 掲載ページ: 7-12
本誌: 2024年6月21日計測研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
3.全地球航法衛星システムを用いた時間標準(II) ―UTC(NMIJ) 及びGNSS受信機の1PPS信号―
Time Standard Using GNSS (II) -1PPS signals from the UTC(NMIJ) and GNSS Receivers -
論文No: IM24019 ページ数: 4 日付: 2024/06/18
著者: 岩佐 章夫(産業技術総合研究所)
キーワード : 全地球航法衛星システム|遠隔校正|1 PPS|国家時間周波数標準|準天頂衛星|UTC(NMIJ)|GNSS|remote calibration|1 PPS|national time & frequency standard|QZSS|UTC(NMIJ)
外部入力端子からの1PPS (1 Pulse Per Second) 信号と全地球航法衛星システム(GNSS)に同期した時刻信号との時間差を数値出力できるGNSS受信機を用いて、国家時間周波数標準であるUTC(NMIJ) ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 13-16
本誌: 2024年6月21日計測研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
4.メタバース経由のリモート計測システムに用いる音声認識手法の一検討
A Study of the Speech Recognition Method for Remote Measuring System via Metaverse
論文No: IM24020 ページ数: 5 日付: 2024/06/18
著者: 古川 靖(埼玉工業大学)
キーワード : メタバース|デジタルツイン|リモートセンシング|計測システム|音声認識|光ファイバセンサ|Metaverse|digital twin|remote sensing|measuring system|speech recognition|optical fiber sensor
三次元仮想空間「メタバース」の産業用途の1つとしてリモート計測システムが考えられる。そのような応用に向けて、メタバースから音声を利用してリモートの計測器を制御する方法が検討されている。本研究ではスタンドアロン型混合ガウス ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 17-21
本誌: 2024年6月21日計測研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
5.層間剥離を有する一方向積層CFRPに対する渦流探傷検査の検討
Eddy current inspection for unidirectional laminated CFRP with delamination
論文No: IM24021 ページ数: 4 日付: 2024/06/18
著者: 井上 甚(三菱電機),渡邊 佳正(三菱電機),岡田 泰行(三菱電機)
キーワード :
一方向に積層したCFRPの層間剥離検出のための渦電流探傷法について検討した。数値解析により得られたプローブを用いて、模擬層間剥離を有するCFRP試料を測定し、層間剥離検出の有効性を確認した。
サイズ:A4 掲載ページ: 23-26
本誌: 2024年6月21日計測研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
6.透過周波数選択型導波管フィルタの基礎検討
Basic study of transmission frequency selective waveguide filter
論文No: IM24022 ページ数: 4 日付: 2024/06/18
著者: 河村 尚志(日本大学),布施 匡章(日本大学)
キーワード : ミリ波|導波管|バンドパスフィルタ|BPF|Millimeter wave|Waveguide|Band pass filter|BPF
ミリ波帯のコンポーネントを評価する場合、VNAやスペクトラムアナライザ(SA)が必要となる。しかしながら、ミリ波帯のVNAやSAは非常に高価であり、パワーメータとバンドパスフィルタ(BPF)を用いてコンポーネントの評価を ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 27-30
本誌: 2024年6月21日計測研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
7.2024年6月21日計測研究会
21.Jun.2024 Technical Meeting on Instrumentation and Measurement
論文No: ページ数: 35 日付: 2024/06/18
著者:
キーワード : 研究会テーマ:電磁波計測,リモートセンシング及び一般
船舶用レーダで観測したウェザークラッタの抑圧と航空機の検出:石井 誠四郎(元防衛大学校),佐山 周次(防衛大学校)ターゲットを含むシークラッタの部分的最大尤度法による解析:佐山 周次(防衛大学校)全地球航法衛星システ ... more
サイズ:A4 掲載ページ:
会員価格(税込)¥1,320 一般価格(税込)¥1,980
カートに入れる
8.敵対的マルウェアに対抗する二段階検知の検討
Two-stage Detection against Adversarial Malware
論文No: CMN24034 ページ数: 5 日付: 2024/06/10
著者: 苗村 佳暉(同志社大学),木村 共孝(同志社大学),程 俊(同志社大学)
キーワード : 敵対的マルウェア|回避攻撃|マルウェア検知|Android アプリケーション|Adversarial Malware|Evasion Attack|Malware Detection|Android Application
近年,敵対的マルウェアの多様化が問題となっている.今日に至るまで敵対的マルウェアに対抗する数多くの検知器が研究されてきたが,一度の検知で多様化する敵対的マルウェアすべてを検出することは困難を極める.そこで本研究では,二段 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 1-5
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
9.強化学習を用いた仮想ネットワーク埋め込み手法の検討
A consideration of virtual network embedding using reinforcement learning.
論文No: CMN24035 ページ数: 4 日付: 2024/06/10
著者: 一杉 瑞希(関西大学),平田 孝志(関西大学)
キーワード : ネットワーク仮想化|仮想ネットワーク埋め込み問題|強化学習|Q学習|Network Virtualization|Virtual Network Embedded Problems|Reinforcement learning|Q-learning
本論文では、強化学習を用いた仮想ネットワーク埋め込み問題について議論する。ネットワークの仮想化には実装上の課題があり、その一つに物理リソースの資源割り当て問題である仮想ネットワーク埋め込み問題がある。本論文では仮想ネット ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 7-10
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
10.敵対的マルウェアの構造を考慮したJPEG圧縮を用いた防御策
Countermeasure using JPEG Compression Based Structure of Adversarial Malware
論文No: CMN24036 ページ数: 3 日付: 2024/06/10
著者: 桑原 新大(同志社大学),木村 共孝(同志社大学),程 俊(同志社大学)
キーワード : 敵対的サンプル|マルウェア分類|畳み込みニューラルネットワーク|JPEG圧縮|adversarial Examples|malware classification|CNN|JPEG compression
マルウェアの対抗策を講ずる上で,マルウェアの分類技術は重要である.分類手法の一つに画像化したマルウェアをCNNを用いて画像分類するものが存在する.この手法は非常に効果的だが、敵対的サンプルに対して脆弱である。本稿では,マ ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 11-13
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
11.UAVネットワークにおける連結性と優先度を考慮したUAV配置スケジューリング問題
UAV placement scheduling problem considering connectivity and priority in UAV networks
論文No: CMN24037 ページ数: 6 日付: 2024/06/10
著者: 坂本 拓実(関西大学),三浦 秀芳(関西大学),木村 共孝(同志社大学),平田 孝志(関西大学)
キーワード :
UAVネットワークとは、UAVを通信ノードとして機能させ、地上に存在するユーザ端末からの通信信号を受信し、受信した信号を他のUAVに送信することで通信の拡張性が向上する技術である。UAVネットワークでは効率的に通信信号を ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 15-20
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
12.通信需要の変動を考慮した UAVのデータ収集拠点の配置決定法
Deployment method of UAV data collection station considering fluctuations in communication demand
論文No: CMN24038 ページ数: 3 日付: 2024/06/10
著者: 早川 大洋(同志社大学),木村 共孝(同志社大学),程 俊(同志社大学)
キーワード : 大規模災害|2段階ロバスト最適化問題|無人航空機|データ収集|不確実性|C&CGアルゴリズム|Large-scale disasters|two-stage robust optimization problem|Unmanned aerial vehicles|Data collection|Uncertainty|Column and Constraint Generation algorithm
大規模災害時にUAV(無人航空機)を用いて臨時データ通信を行うための不確実性を考慮したデータ収集拠点の決定方法とその評価を示す。測定誤差や未来の需要など不確実性を含むデータを最適化問題に定式化し、C&CGアルゴリズムを用 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 21-23
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
13.最小包含円を用いたクラスタリングに基づくエッジサーバ搭載UAVの軌道最適化
Trajectory optimization of UAVs equipped with edge servers based on clustering using minimum bounding circles
論文No: CMN24039 ページ数: 6 日付: 2024/06/10
著者: 前田 菜緒(関西大学),木村 共孝(同志社大学),平田 孝志(関西大学)
キーワード : UAVネットワーク|UAV軌道問題|最適化問題|クラスタリング|UAV networks|UAV orbit problem|Optimization problem,|Clustering
本論文では,エッジコンピューティングシステムにおけるUAVの軌道最適化手法を提案する.UAVの軌道を最適化することによって,UAVの台数と合計飛行時間を削減する.提案法は,階層クラスタリングを用いて最適なUAVの配置を決 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 25-30
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
14.SCINetを用いた通信トラヒック量の時系列予測の検討
Prediction of Communication Traffic Volume Using SCINet
論文No: CMN24040 ページ数: 3 日付: 2024/06/10
著者: 今井 信吾(同志社大学),木村 共孝(同志社大学),程 俊(同志社大学)
キーワード : 通信トラヒック量|時系列予測|機械学習|Traffic volume|Time series forecasting|Machine learning
年々増え続ける通信トラヒック量に対し、効率的な収容のため高精度の予測が必要となっている。本研究では、時系列予測において有効な結果を示すSCINetを用いて通信トラヒック量データに対し予測を行った。その予測結果を既 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 31-33
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
15.VHF帯航空無線通信への影響考察を目的とした炭素繊維強化プラスチック材料の電気的特性に関する検討
Consideration on Electrical Characteristics of Carbon Fiber Reinforced Plastic Materials for Investigation of Influence to Aircraft Radio Communications in VHF Band
論文No: CMN24041 ページ数: 2 日付: 2024/06/10
著者: 出本 芳也(呉工業高等専門学校),黒木 太司(呉工業高等専門学校)
キーワード : 電磁波|炭素繊維強化プラスチック|等価回路|microwave|carbon fiber reinforced plastics|CFRP|equivalent circuit
近年航空機には軽量化などの観点から炭素繊維強化プラスチックCFRPの適用が急速に進んでいる.航空機には航空交通管制機関と連絡をするためにVHF,HF帯の無線設備が搭載されており,特に航空無線の周波数帯はVHF帯である.そ ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 35-36
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
16.T分岐とマイクロストリップ線路を併用したサブテラヘルツ帯導波管電力合成器の試作
Fabrication of Waveguide Type Power Combiner Using T-Junction and Microstrip Line in Sub-THz Band
論文No: CMN24042 ページ数: 2 日付: 2024/06/10
著者: 新浜 貴翔(呉工業高等専門学校),木下 拓真(呉工業高等専門学校),黒木 太司(呉工業高等専門学校)
キーワード : ミリ波|マイクロ波|電力合成器|Millimeter Wave|Microwave|Power Combiner
現在30kHz〜3GHzの周波数利用帯域の逼迫,デジタル社会の推進に伴うデータ通信量の急増によりミリ波・サブミリ波帯電磁波の利用技術開発が進められている.しかしながら超高周波帯では自由空間伝搬損が大きくなり,通信距離が制 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 37-38
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
17.Xバンド高出力送信を目的としたY型変形マジックTの解析
Numerical Analysis of Y-shaped Magic T for High Transmission Power in X Band
論文No: CMN24043 ページ数: 2 日付: 2024/06/10
著者: 和泉 柊大(呉工業高等専門学校),木下 拓真(呉工業高等専門学校),黒木 太司(呉工業高等専門学校)
キーワード : マイクロ波|電力合成器|マジックT|Microwave|Power Combiner|Magic-T
近年の固体電力増幅器 (SSPA) の性能向上により、SSPAを用いて進行波管電力増幅器 より高い出力を得る方法について検討が行われている。中でも電力合成技術は出力電力を大幅に向上させることが出来る方法として注目されてい ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 39-40
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
18.高級言語とソフトウェア無線機を用いる回転偏波無線通信システム
Rotating Polarization Wave wireless communication system by using high-level program language and software defined radios
論文No: CMN24044 ページ数: 5 日付: 2024/06/10
著者: 武井 健(日立製作所)
キーワード : 回転偏波|ソフトウェア無線機|高級言語|無線通信システム|Rotating Polarization Wave|sofware defined radio|high-level language|wireless communication system
回転偏波無線通信システムは、伝搬方向に垂直な情報信号を伝送する電界ベクトルを搬送波周波数とは異なる周波数で回転させて通信を行うことを特徴とする。偏波回転周波数を搬送波周波数と比べて桁違いに低くとることにより、汎用デジタル ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 41-45
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
19.光パス設定における多腕バンディットアルゴリズムに基づくコア選択手法
Core selection method based on multi-armed bandit algorithms for lightpath establishment
論文No: CMN24045 ページ数: 6 日付: 2024/06/10
著者: 福井 楓菜(関西大学),福地 裕(東京理科大学),平田 孝志(関西大学)
キーワード : エラスティック光パスネットワーク|動的RSA問題|光パス設定|多腕バンディットアルゴリズム|Elastic Optical Path Network|Dynamic RSA Issues|Optical Path Settings|Multi-Armed Bandit Algorithm
本稿では、マルチコアファイバを利用したエラスティック光パスネットワークにおける動的RSA問題に焦点を当てる。RSA問題におけるコア選択に多腕バンディットアルゴリズムを適用する手法を提案する。提案手法では各リンクの各コアを ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 47-52
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
20.DeBERTaを用いた反応速度定数の推定法の検討
Reaction rate coefficient estimation using DeBERTa
論文No: CMN24046 ページ数: 4 日付: 2024/06/10
著者: 谷口 颯士(同志社大学),木村 共孝(同志社大学),程 俊(同志社大学)
キーワード : ケモインフォマティクス|フィンガープリント|ニューラルネットワーク|Chemoinfomatics|Fingerprint|Neural Network
本稿では,sp3混成軌道を持つ炭素での水素移動反応の反応速度定数を推定するために,分子を文字列で表し,自然言語処理を用いてベクトル化する手法を提案した.この手法では,分子をSMILESを用いて文字列で表現し,DeBERT ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 53-56
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
21.ネットワーク内キャッシュのための多腕バンディットに基づくルーティング手法の比較検討
Comparison of multi-armed bandit-based routing methods for network caching
論文No: CMN24047 ページ数: 5 日付: 2024/06/10
著者: 仁井 優介(関西大学),田行 逸平(関西大学),平田 孝志(関西大学)
キーワード : トンプソンサンプリング|ネットワーク内キャッシュ|多腕バンディット|ルーティング|Thompson Sampling|In-network Caching|Multi-Armed Bandit|Routing
本論文では,ネットワーク内キャッシュを想定したネットワークにおいて,コンテンツ要求のルーティングを多腕バンディットアルゴリズムに従って行う.提案手法では,要求を受信したルータの隣接ルータに対してトンプソンサンプリングを行 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 57-61
本誌: 2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
22.2024年6月13日-2024年6月14日通信研究会
13.Jun.2024-14.Jun.2024 Technical Meeting on Communications
論文No: ページ数: 67 日付: 2024/06/10
著者:
キーワード : 研究会テーマ:ネットワーク,マルチメディア,一般
敵対的マルウェアに対抗する二段階検知の検討:苗村 佳暉(同志社大学),木村 共孝(同志社大学),程 俊(同志社大学)強化学習を用いた仮想ネットワーク埋め込み手法の検討:一杉 瑞希(関西大学),平田 孝志(関西大学)敵 ... more
サイズ:A4 掲載ページ:
会員価格(税込)¥3,080 一般価格(税込)¥4,620
カートに入れる
23.ストリーマ放電を用いたエアロゾル捕集におけるパルス電圧極性の影響
Influence of polarity of pulsed voltage on aerosol collection using streamer discharges
論文No: EPP24029 ページ数: 6 日付: 2024/06/03
著者: 畠山 侑(岩手大学),山口 陸(岩手大学),藤倉 匠(岩手大学),高橋 克幸(岩手大学),高木 浩一(岩手大学),瑞慶覧 章朝(神奈川工科大学),柘植 真吾(リンナイ),野々山 昌生(リンナイ),林 雄一(リンナイ)
キーワード :
ナノ秒パルス放電の極性がエアロゾル捕集効率に及ぼす影響を調べた。誘導エネルギー貯蔵(IES)パルス電源を用いてナノ秒パルス放電を発生させた。波高値 7kV のパルス電圧を印加し,粒子を帯電させた。その結果、負極性 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 1-6
本誌: 2024年6月6日-2024年6月7日放電・プラズマ・パルスパワー研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
24.大気圧プラズマによる腐葉土への窒素固定の検討
Study of nitrogen fixation in leaf mold using atmospheric pressure plasma
論文No: EPP24030 ページ数: 4 日付: 2024/06/03
著者: 奥村 賢直(九州大学),中尾 匠(九州大学),アタリ パンカジ(九州大学),山下 大輔(九州大学),鎌滝 晋礼(九州大学),山下 尚人(九州大学),板垣 奈穂(九州大学),白谷 正治(九州大学),古閑 一憲(九州大学)
キーワード : プラズマ|窒素固定|表現型解析|Plasma|Nitrogen fixation|Phenotypic analysis
プラズマ照射による固体への窒素固定法に関し、印加電圧波形による効率の違い、さらにプラズマ照射肥料を投与したサトウキビの生育の表現型解析結果を報告する。
サイズ:A4 掲載ページ: 7-10
本誌: 2024年6月6日-2024年6月7日放電・プラズマ・パルスパワー研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
25.静電気力を用いた顆粒体の微量・定量供給法における供給量の電圧依存性
Charging voltage dependency for a feed rate of an electrostatic granules feeder
論文No: EPP24031 ページ数: 2 日付: 2024/06/03
著者: 千葉 祐希(山形大学),杉本 俊之(山形大学)
キーワード : 静電気|静電チャック|帯電|放電|高電圧|顆粒体|static electricity|electrostatic chuck|charge|discharge|high voltage|granule
顆粒は外力によって砕けやすいため,砕かずに供給できる装置の開発を行っている。開発している装置は針電極へ電圧を印加することでフィルムに顆粒を吸着させる。印加電圧と吸着数の関係を調べ,吸着機構を考察した。
サイズ:A4 掲載ページ: 11-12
本誌: 2024年6月6日-2024年6月7日放電・プラズマ・パルスパワー研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
26.コロナ放電を用いた高抵抗半導体ウエハの体積抵抗率測定法の開発
Non-contact volume resistivity tester for high-resistance semiconductor wafers using corona discharge.
論文No: EPP24032 ページ数: 2 日付: 2024/06/03
著者: 加藤 詢平(山形大学),杉本 俊之(山形大学)
キーワード : 計測|半導体ウエハ|抵抗|体積抵抗率|コロナ放電|装置|measure|semiconductor wafe|resistance|volume resistivity|corona discharge|equipment
我々は,コロナ放電を用いて高抵抗半導体ウエハの体積抵抗率を非接触での抵抗測定法について検討している。測定装置は,針対グリッド電極からなるコロナ帯電装置,除電装置および電流計で構成される。被測定物の上下に帯電装置と除電装置 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 13-14
本誌: 2024年6月6日-2024年6月7日放電・プラズマ・パルスパワー研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
27.ヘリウムマイクロギャップDBDにおける放電モード遷移と放電開始電圧
Discharge mode transition and discharge inception voltage in atmospheric pressure helium microgap DBD
論文No: EPP24033 ページ数: 4 日付: 2024/06/03
著者: 狩野 遼也(岩手大学),松田 夏実(岩手大学),橋 克幸(岩手大学),高木 浩一(岩手大学),向川 政治(岩手大学)
キーワード : 大気圧ヘリウムDBD|マイクロギャップ放電|自己組織構造|グロー放電|放電モード遷移|放電開始電圧|Atmospheric pressure helium DBD|Microgap discharge|Self-organized structure|Glow discharge|Discharge mode transition|Discharge inception voltage
大気圧ヘリウムマイクロギャップDBDにおいて自己組織構造を生成し,放電様相の観測と放電開始電圧の測定を行った。ギャップ長は140 μm、誘電体とスぺーサーは比誘電率6.7のガラス、印加電圧は400Vから750V、ガス流量 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 15-18
本誌: 2024年6月6日-2024年6月7日放電・プラズマ・パルスパワー研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
28.窒素マイクロギャップ誘電体バリア放電の自己組織構造の観測
Observation of the self-organized structure of atmospheric pressure nitrogen microgap dielectric barrier discharge
論文No: EPP24034 ページ数: 4 日付: 2024/06/03
著者: 松田 夏実(岩手大学),赤石 崚太(岩手大学),狩野 遼也(岩手大学),橋 克幸(岩手大学),高木 浩一(岩手大学),向川 政治(岩手大学)
キーワード : 大気圧窒素DBD|マイクロギャップ放電|自己組織化|単露光撮影|放電電流|atmospheric pressure nitrogen dielectric barrier discharge| microgap discharge|self-organized structure|single shot imaging|discharge current
大気圧窒素マイクロギャップ誘電体バリア放電の自己組織構造を生成し、ICCDカメラにより空間的放電構造の時間発展を観測した。放電電流のパルスは、半周期で1回現れる。目視でストライプ構造と観測される自己組織化窒素マイクロギャ ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 19-22
本誌: 2024年6月6日-2024年6月7日放電・プラズマ・パルスパワー研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
29.マッハ・ツェンダー干渉計を用いた大気圧アルゴン直流グロー放電のガス温度推定の精度向上
Improving the accuracy of gas temperature estimation in atmospheric-pressure argon DC glow discharge using Mach-Zehnder interferometer
論文No: EPP24035 ページ数: 5 日付: 2024/06/03
著者: 木村 蓮(東京都立大学),中川 雄介(東京都立大学),杤久保 文嘉(東京都立大学)
キーワード : マッハ・ツェンダー干渉計|大気圧グロー放電|ガス温度分布|Mach-Zehnder interferometer|Atmospheric-pressure glow discharge|Gas temprature distribution
非平衡プラズマではガス温度は化学反応を支配する重要なパラメータであるが、その空間分布を精度よく測定する手段は確立されていない。本研究ではマッハ・ツェンダー干渉計を用いてアルゴン直流グロー放電のガス温度分布の推定を行った。 ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 23-27
本誌: 2024年6月6日-2024年6月7日放電・プラズマ・パルスパワー研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
30.準大気圧He/O2混合ガス中のパルスバリア放電における酸素原子の時空間分布
Spatiotemporal Distribution of Atomic Oxygen in Pulsed Barrier Discharge in Sub-atmospheric Pressure He/O2 Mixture
論文No: EPP24036 ページ数: 5 日付: 2024/06/03
著者: 小林 真矢(東京都立大学),杤久保 文嘉(東京都立大学),中川 雄介(東京都立大学)
キーワード : 準大気圧プラズマ|酸素原子|TALIF|Sub-atmospheric Pressure Plasma|Atomic Oxygen|TALIF
準大気圧プラズマは、ラジカルの密度を減少させずに寿命を延ばし、ラジカルフラックスを増大させる可能性がある。本研究では、準大気圧He/O2混合ガス中の針対球電極間で生成されるパルスバリア放電において酸素原子の挙動を調査した ... more
サイズ:A4 掲載ページ: 29-33
本誌: 2024年6月6日-2024年6月7日放電・プラズマ・パルスパワー研究会
会員価格(税込)¥220 一般価格(税込)¥330
カートに入れる
PDF この条件でBOOK検索 対象:PDF 表示件数: 形式:
HOMEに戻る
検索結果 全123,553 件 Page: [1][2][3][4][5]・・・[4119]

運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.