HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥4,019
・一般価格 ¥5,742
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1428
■ページ数 74ページ
■発行日
2019/10/01
■タイトル 電磁界計測による雷放電特性とインフラ設備の雷害対策
■タイトル(英語) Lightning characteristics by field measurement and protection design of infrastructure
■著者名 電磁界計測による雷放電特性調査専門委員会
■著者名(英語) R&D Committee on lightning discharge characteristics by field measurement
■価格 会員 ¥4,019 一般 ¥5,742
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【B】電力・エネルギー部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 雷、電磁界、LLS、雷害対策/Lightning, Lightning electromagnetic field, LLS (Lightning location system), Lightning protection
■要約(日本語) わが国の雷害対策の歴史は古く,電力設備の供給信頼度向上への不断の要求により,20世紀初頭から雷観測が継続されてきた。一方,従来技術の雷観測研究分野も,光技術やデジタル技術の広範な適用による雷観測精度の精緻化に伴って、過去にはそれほど注目されなかった雷パラメータを正確に把握することで,的確な雷害対策を施すことが重要な課題となっている。課題の克服のためには,本来は雷放電路のカメラ観測や電流測定など雷を直接観測する事が望ましいが、年間に測定できるデータ数はほんのわずかであり,バラツキが多い雷パラメータについて統計的に意味のあるデータを得るためには長期にわたる観測が必要になる。このため,多くのデータが容易に手に入る電磁界観測などの間接測定によって雷パラメータを明らかにする技術に期待が高まっている。近年のLLSでは,かなり正確に各地域の大地雷撃密度等の雷パラメータを求めることが可能になりつつある。これらの観測データを取り纏め公表することは,合理的な雷害対策の確立にとって,極めて重要と考えられる。本報告書は,平成25年から3年間に亘り,電磁界計測により雷放電特性評価技術とインフラ設備の雷害対策への適用に関して調査検討した結果を取り纏めたものである。主な内容は,(1)雷リスクマネジメント,(2)LLSの変遷と進歩、(3)最新の雷観測手法、(4)インフラ設備の雷害対策に必要とされる雷パラメータである。
■要約(英語) Lightning observation has been carried out from the beginning of the 20th century for unlimiting demand for the advancement of the reliability of the power supply system. Accompanied with accurate measurement of lightning current parameters enabled by application of modern optical and digital measurement technique, suitable design of lightning protection of power system in accordance with the lightning parameters recently becomes an important subject. In the accumulation of lightning parameters, it is straightforward to measure the lightning current or photograph the lightning channel. However, measurement for a long period is required to accumulate statistically enough amount of data. For the efficient accumulation, measurement of electric and/or magnetic field waveforms has drawn attention. The accuracy of lightning parameters such as lightning flash density and current waveform parameters estimated by the recent LLS (Lightning Location System) has been enhance, therefore, the review of the research in the field is important for the establishment of the lightning protection design. In this report, the estimation technique of lightning properties by the field measurements is reviewed and summarized as well as the application of the data to lightning protection of the infrastructure. The main contents of the report are as follows; (1) lightning risk management, (2) progress of the LLS (3) modern technique of lightning observation and (4) lightning current parameters required for lightning protection design of the infrastructure.
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 7,973Kバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.