HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の技術報告 > 文献詳細
立ち読み
・会員価格 ¥3,402
・一般価格 ¥4,860
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No. 1430
■ページ数 55ページ
■発行日
2018/06/25
■タイトル 遮断器の多様な設置環境と最近の環境負荷低減技術
■タイトル(英語) Recent Tendency and Progress of Installation Surroundings and Technology for Environment Load Reduction on High Voltage Circuit Breakers
■著者名 遮断器の設置環境適応技術と環境負荷低減技術調査専門委員会
■著者名(英語) Investigating R&D Committee on Recent Tendency and Progress of Installation Surroundings and Technology for Environment Load Reduction on High Voltage Circuit Breakers
■価格 会員 ¥3,402 一般 ¥4,860
■書籍種類 技術報告
■グループ名 【B】電力・エネルギー部門
■本誌掲載ページ ページ
■キーワード 遮断器,環境,震災,代替ガス,延命化/Circuit breaker, Environment, Earthquake, SF6 substitute, Life extension
■要約(日本語) 高電圧遮断器の技術開発のトレンドは,電力系統の高電圧大容量化,系統構成変化に伴う遮断責務の多様化,環境負荷低減,高経年品への保守・延命化と展開してきた。また、2011年の東日本大震災では、自然環境による影響の重要性を再認識させられた。さらに、再生可能エネルギー導入拡大によりこれまでにない特殊環境への対応にも直面している。「環境」というキーワードに対し,遮断器が環境から受ける「影響」と,環境へ与える「影響」の両側面は互いに関連し合うものである。近年のCIGREのSC A3会議でも,両側面を取り上げた優先議題が掲げられている。本報告でも両側面に着目し,高電圧遮断器に関連する最近の技術動向を解説する。環境から受ける「影響」として,阪神・淡路大震災から東日本大震災まで,大地震による被害状況の調査結果をまとめた。また,耐震性,耐塩・耐雪,寒冷地環境,EMC,最近の新たな設置環境について,要求事項と対応技術についてまとめた。環境へ与える「影響」として,SF6ガス使用量削減など直接的な環境負荷低減技術だけでなく,UHV,HVDC,RCM・延命化技術,開閉極位相制御,送電損失や設備容量の抑制,絶縁設計レベルの低減など,電力系統全体の環境負荷低減へ遮断器が間接的に貢献できる技術についても,遮断器の環境負荷低減技術として整理した。
■要約(英語) The concept of “impact of environment” and “impact on environment” are related to each other on the high voltage circuit breaker technologies. From this point of view, recent tendency and progress of installation surroundings and technologies for environment load reduction on high voltage circuit breakers are reviewed in this report.Damage situation of high voltage circuit breakers on the recent serious earthquakes including the Great East Japan Earthquake in 2011 are shown and study of seismic design and a guideline of substation equipment is reviewed. In addition, new surroundings such as an offshore substation for wind farm are introduced.The transition from fundamental phase to industrial phase will be made in research and development of  substitute SF6 GCB. Not only the substitute SF6 GCB but also other technologies (e.g. UHV, HVDC, RCM, controlled switching) are important from the points of transmission loss reduction, life extension and switching surge reduction as one of the contribution to environment load reduction in the whole electric power systems.Finally, future tendency of high voltage circuit breaker technologies is summarized considering the impact of/on environment.
■版 型 A4
■PDFファイルサイズ 18Mバイト
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.